ビジネス

最新ビジネス記事のRSS

スバル新型フォレスター 燃費の悪いハイブリッドを出す理由

2018.06.03 07:00

 スバルがグローバル戦略車と位置づける看板車種「フォレスター」。その新型モデルの先行予約が始まってい

 スバルがグローバル戦略車と位置づける看板車種「フォレスター」。その新型モデルの先行予約が始まっている。5代目となる今回、スバルが誇る水平対向エンジンと電動技術を組み合わせたハイブリッドを搭載したモデルが加わることで注目されているが、一体どんな性能なのか。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏が解説する。

 * * *
 スバルの人気SUVである「フォレスター」。その新型モデルの先行予約が5月18日よりスタートしています。今度の新型モデルは、クルマの骨格となるプラットフォームに、新世代の「SGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)」が採用されており、先代モデルよりも、より一層、ハイレベルな走りの良さが期待できます。

 もちろん「ぶつからないクルマ」を支える技術である運転支援の「アイサイト」も最新バージョンが搭載されており、「走りの良さ」と「安心」というスバルらしさがしっかりと備わったモデルです。

 その新型「フォレスター」で気になるのがハイブリッド・モデルです。

 今回のモデルでは「Advance」というグレードには「e-BOXER」と呼ばれるハイブリッドが搭載されています。基本モデルは2.5リッターの水平対向エンジンですが、ハイブリッドは2リッター水平対向+モーターとなっています。そのハイブリッドはどのようなものなのでしょうか?

 発表されている燃費性能を見ると、ハイブリッドの燃費はJC08モードで18.6km/l。新しい燃費測定基準のWLTCモードは14.0km/lとなっています。2.5リッターのガソリン・モデルは、JC08モード14.6km/l、WLTCモード13.2km/lよりも優れていますが、あまり大幅な燃費性能アップというわけではありません。それどころかWLTCモードの郊外モードや高速道路モードでは、若干ハイブリッドの方が燃費が悪かったりします。

 その理由は、スバル独自のハイブリッド・システムにあります。スバルのハイブリッドの特徴は、使っているモーターが小さいこと。なんと10kW(13.6馬力)/66Nmのモーターが1個しかありません。プレスリリースを見ると、あくまでも「パワーアシスト」のためのものとしか書かれていません。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP