• TOP
  • ライフ
  • 食中毒を寄せ付けない最強弁当のレシピ紹介 NG食材は?

ライフ

2018.06.06 16:00  女性セブン

食中毒を寄せ付けない最強弁当のレシピ紹介 NG食材は?

食中毒を防ぐ最強弁当の作り方は?(撮影/多田昌弘)

 この時季のお弁当は、食中毒菌の格好の標的! 食中毒など細菌による食品汚染に詳しい獣医学博士で『女子栄養大学 食品衛生学研究室』教授の斉藤守弘さんは「菌を増やさないためには、水分が出ないように作るのがポイント」と語る。家族を守る100点弁当のポイントを解説しよう。

◆お弁当箱は木製が◎ご飯とおかずは別々に
 木の弁当箱は通気性がよく、水分を吸ってくれる特性がある。ご飯とおかずは別々にしたほうが、おかずの水分がご飯に移らず、食中毒のリスクを減らせる。

◆必ず箸を使って詰める
 黄色ブドウ球菌などの食中毒菌は人の手から感染しやすいので、おかずは箸を使って詰めること。

◆ご飯は冷ましてから詰め
 ご飯が温かいうちにふたをすると、中に水滴がついてしまい、菌が増殖する原因に。平たいバットなどに移し、必ずよく冷ましてから詰める。おかずも同様に冷ましてから。

◆梅干しは細かくして全体に散らす
 殺菌食材の定番といえば、梅干し。ご飯の真ん中に丸ごと1個置くよりも、細かくちぎって散らすほうが殺菌効果が広範囲で発揮される。

◆青じそなど殺菌効果のある食材を使う
 青じそ、しょうが、梅干し、わさび、酢など、殺菌効果のある食材を上手に使って。おすすめは鶏肉のしそ巻き、豚肉のしょうが焼きなど。

◆根菜など水分の出にくい野菜を入れる
 野菜を入れる時は葉野菜よりも、れんこんやごぼうなど、水分が出にくい根菜類を。水分をしっかり飛ばしたきんぴらもおすすめ。煮物を入れる時はよく水気を切ること。

◆濃いめの味付けで水分を吸収
 味付けを濃くすると、塩分が水分を吸収し、食材が腐りにくくなる。食中毒対策におすすめ。

◆卵焼きは火をよく通して厚焼きにしない
 この時季の卵焼きは中が半熟にならないように厚焼きは避け、薄めに仕上げて。半熟のスクランブルエッグも控えるべき。

◆唐揚げなど水分を飛ばしたおかずがGood!

 カラッと揚げて、水分がしっかり飛んでいる唐揚げはお弁当におすすめ。揚げ物でもコロッケなど水気を多く含むものはNG。

◆仕切りはバランやアルミカップで
 レタスなどの葉野菜で仕切ると水分が出て、接している他の食材も腐りやすくなる。仕切りにはバランやアルミカップを。最近は水分を吸収したり、抗菌効果のあるものも市販されている。

◆ゼリーを凍らせて保冷剤代わりに
 温度が上がると菌が増殖するので、デザートのゼリーを凍らせて保冷剤代わりに。弁当箱の上下を保冷剤で挟み、保冷バッグに入れれば完璧! 暑い所には置かないこと。

関連記事

トピックス