• TOP
  • 芸能
  • 井ノ原快彦、現場でシナリオ変更する「渡瀬イズム」受け継ぐ

芸能

2018.06.07 07:00  女性セブン

井ノ原快彦、現場でシナリオ変更する「渡瀬イズム」受け継ぐ

井ノ原は「渡瀬イズム」を引き継いだ

「刑事モノドラマ」の人気を左右するのは、“主役の刑事の個性”だ。『太陽にほえろ!』の石原裕次郎さんに始まり、『はぐれ刑事純情派』の藤田まことさん、『古畑任三郎』の田村正和、『相棒』の水谷豊。キャラクターがたつほどに、息の長いドラマになっていく。

 昨年3月に急逝した名優・渡瀬恒彦さん(享年72)に“指名”される形で、新シリーズ主演を引き継いだ井ノ原快彦(42才)にとって、今クールはその“個性の強さ”が問われる大一番だった。

「主演ドラマ『特捜9』(テレビ朝日系)の平均視聴率は14%ほどで、今クールドラマでトップ。“前作”の渡瀬さん主演『警視庁捜査一課9係』が12%程度なので、井ノ原さんもホッと胸を撫で下ろしているでしょうね」(テレビ局関係者)

 NHKの朝の情報番組『あさイチ』の司会を8年間も務めるなど、爽やかで穏やかな印象の井ノ原だが、『特捜9』の現場ではガチンコ。

「撮影が進む中で井ノ原さんにアイディアが浮かんだときは、迷わず脚本家と掛け合い、セリフだけではなく、シナリオ自体を変更するそうです。ベテランの役者さんでもなかなかできません。決まったスケジュールやセットの中で、特に刑事ドラマは推理やトリックも綿密に計算された上で脚本が書かれるので、変更には手間がかかります。中途半端にはできません。それでも、“もっといい作品にしたい”と共演者だけでなく、スタッフも進んで協力する。井ノ原さんの人柄と熱意があってのことでしょうね」(ドラマ関係者)

 そこには井ノ原の強いこだわりがある。父と慕う“前任者”から引き継いだ「渡瀬イズム」だ。

「今から12年前、『9係』の初回放送の撮影で、初めて渡瀬さんと共演したシーンが忘れられないそうです。リハーサルで、渡瀬さんが台本にないセリフを井ノ原さんに投げかけ、リアクションを求めました。井ノ原さんなりに考えて返した言葉を聞いて、渡瀬さんは黙りこんだ。そして本番前に“さっきのやり取り、本番でも使おう”と渡瀬さんから伝えられたそうです。

 役者自身の“個性”を引き出し、劇中のキャラクターと重ねていくことで、さらに役柄が個性的に、魅力的になる。そんな渡瀬さんの演技論を、今でも大切にしているから、シナリオにもセリフにも、自分の考え方を反映させるように意識しているんでしょう」(前出・ドラマ関係者)

『特捜9』のロングシリーズ化は必至だろう。

※女性セブン2018年6月21日号

関連記事

トピックス