国内

最新国内記事のRSS

“20世紀型秀才”の末路を象徴する日本の政治家・官僚たち

2018.06.13 16:00

 21世紀に求められるリーダーとはどんな存在なのか。経営コンサルタントの大前研一氏が、20世紀の秀才

 21世紀に求められるリーダーとはどんな存在なのか。経営コンサルタントの大前研一氏が、20世紀の秀才タイプではない、答えなき時代のリーダー像について解説する。

 * * *
 これまでたびたび解説してきたように、20世紀は欧米先進国に「答え」があった時代である。だから欧米に追いつき追い越せでやっていればよかった。学校の教室では、勉強ができて最も答えをよく知っている秀才タイプが学級委員や生徒会長になり、リーダーとして皆を引っ張っていた。

 しかし、21世紀は答えがない時代である。答えは覚えるものではなく、見つけるものである。なぜなら、答えがわかっている問題はパソコンやスマホで検索すれば、すぐに答えを教えてくれるからだ。

 では、答えがわからない問題の答えを、どうやって見つけるのか? そこで極めて重要になるのは新時代のリーダーシップである。

 答えがわからない問題の答えを見つけるための具体的な方法は、フラットにつながる集団において、まず答えは何かを議論し、その中から最も答えに近いと思われるアイデアを選択する。そして、それを実行してみようという方向に皆をまとめていく。そういうEQ(心の知能指数)的な能力を含め、発想力や論理力、説得力を駆使して答えを見つけ出していくのが21世紀に求められるリーダーシップであり、これはAIにはできないことである。

 そこではピラミッド組織のヒエラルキー(階層)や肩書などは関係ないし、通用しない。答えがあることを前提として、階層や肩書に依存した“20世紀型秀才リーダー”は、21世紀にはリーダーたり得ないのだ。

本文を読む


マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP