ライフ

【自宅で作る予約困難店メニュー】焼肉編・ビーフシチュー

お通しとして人気。『サトブリDA』のビーフシチュー(撮影/玉井幹郎)

 2か月、3か月じゃ当たり前。予約が取れないことで知られる名店が、その味を自宅で再現できるようにと、惜しみなくレシピを教えてくれた。

 1頭の牛から約1.5kgしかとれない希少部位、シャトーブリアンを惜しみなく提供する産地厳選・黒毛和牛の焼肉店『サトブリDA』。肉に情熱を注ぐ店主の佐藤明弘さんの系列店は4店舗あるにもかかわらず、人気から予約は困難を極める。そんな名店のお通しとして人気なのが、ビーフシチュー。使っているのは前日の端肉だ。

「端肉とはいえ、通常の焼肉店では商品として出すレベルの肉。その上、赤身やヒレ肉、タンなどいろんな部位が入っているので旨みが増すんです」(佐藤さん)

■サトブリDAの「ビーフシチュー」

材料<4~5人分>
国産牛肉…ぶつ切り500g、バター…20g、塩・こしょう・好みのスパイス…各適量、にんにく…25g、赤ワイン…250ml、水…1600ml、にんじん…2本、玉ねぎ…3個、無糖ヨーグルト…130g、しいたけ・エリンギ・しめじ…各1パック、市販のルー…2種・計1箱分、ウースターソース…50ml、すりごま・クリーミーポーション…各適量

◎家でもできる名物レシピ

【1】熱したフライパンにバターを入れ強火で肉を炒める。塩、こしょう、スパイスを入れ、鍋を揺らしながら混ぜる。にんにくのスライスを入れ、さらに炒める。肉の表面がカリカリになったら中火にして赤ワインを回し入れる。
【2】火を止めて5~10分後、無糖ヨーグルトを入れてなじませる。
【3】水1/2量を沸騰させた鍋に【2】を入れ、こまめにアクを取りながら中火で煮る。
【4】フライパンは洗わずにオリーブオイル(分量外)を入れ、乱切りにしたにんじん、くし形切りの玉ねぎを炒める。塩、こしょう、スパイスを入れて炒め、ウースターソースを入れて【3】の鍋に加える。きのこ類は食べやすく切り、同様の味付けで炒めて【3】の鍋に加える。
【5】 【4】に残りの水を入れて煮込む。火が通ったら市販のルーを2種組み合わせて入れることでコクを増し、店の味に近づける。約1時間煮込んだら、皿に盛り付け、すりごまとクリーミーポーションを適量かける。

【ポイント】
・無糖ヨーグルトをたっぷり入れて煮込む。ヨーグルトの酸味で肉が柔らかくなる。
・にんにくは国産を使う。赤ワインを多めに入れて炒めることで肉の風味が増す。

『サトブリDA』
住所:東京都杉並区阿佐谷南3-57-1 
営業時間:17:00~23:30(L.O.23:00) 
定休日:不定休
夜の平均予算:1万6000円~(アルコール込み)

※女性セブン2018年6月28日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン