スポーツ

宮里藍 マネジャー夫と父の間に長年のわだかまりあった

宮里藍さん、祝ゴールインも…(写真/アフロ)

《いい時も悪い時も現役生活を最後まで支えてくれた彼には本当に感謝しかありません。これからは、私自身が成長していきながら、また1人の女性としても彼を支えていけるよう、温かい家庭を築いていきたいと思います》

 6月21日、元プロゴルファーの宮里藍さん(33才)が自身のブログで結婚を発表した。昨年9月に現役引退した宮里さんのお相手は、米ツアーに本格挑戦した2006年の翌年からマネジャーとして彼女を支えてきたZさん(37才)だ。

「Zさんはシアトルで育ったバイリンガル。当初は藍ちゃんに英語の指導もしていました。阿部寛似のイケメンで長身、周囲の評判もいいですね。米ツアーでは移動のチケットの手配から車の運転、練習にも付き添って24時間体制でサポートしていました。何も言わず手を出した藍ちゃんに、そっとリップクリームやのど飴を渡したりと、あうんの呼吸。ふたりの信頼関係は抜群でした」(ゴルフ関係者)

 宮里さんとZさんの結婚は、関係者の間ではもう何年も前から「秒読み」と囁かれていた。にもかかわらず、“カップイン”ならぬ、ゴールインが今になったのには事情があった。

「スポーツ選手と担当マネジャーが恋愛関係になるのは御法度。しかもこのふたりの場合、Zさんが藍ちゃんを担当するようになったわりと初期に交際をスタートさせました。それにいい顔をしなかったのは、藍ちゃんの父・優さん(72才)。幼少の頃からゴルフの英才教育を施してトップ選手に育てたのが優さんでしたから、ふたりの関係をなかなか認めなかった」(前出・ゴルフ関係者)

 鳴り物入りで米ツアーに挑戦したものの、大スランプに陥り数年間優勝から遠ざかったのも、優さんの目には「恋愛にうつつを抜かしている」と見えていたのかもしれない。

「Zさんと優さんの間に『わだかまり』が残っていると不安を囁く人もいますが、関係は少しずつ改善していたそうです。特に昨年、優さんが藍ちゃんの試合の観戦中にゴルフ場で倒れ、救急搬送されたあとは、藍ちゃんと一緒に病室に行くこともあったそうです。結婚の意思が固い藍ちゃんに根負けしたのもあるでしょうが、今では優さんはZさんのことを認めています」(別のゴルフ関係者)

 なにはともあれ、ナイスイン!

※女性セブン2018年7月12日号

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン