• TOP
  • 芸能
  • Twitter開始した萩本欽一 ツッコミからボケへ77歳の新境地

芸能

2018.07.07 07:00  NEWSポストセブン

Twitter開始した萩本欽一 ツッコミからボケへ77歳の新境地

77歳でツイッターを始めた萩本欽一

“ツッコミ”で数々のスターを生んで来たお笑い界の重鎮が“ボケ”という新境地に挑み、“良い人”というレッテルを覆すようなツイートを連発している――。

 昭和50年代に『欽ちゃんのどこまでやるの!?』(テレビ朝日系)、『欽ドン!』(フジテレビ系)、『欽ちゃんの週刊欽曜日』(TBS系)という自身の冠番組の1週間での合計から「視聴率100%男」と呼ばれた“欽ちゃん”こと萩本欽一。5月で77歳になった大御所がNHK-BS『欽ちゃんのアドリブで笑』の企画の一環として、5月30日にツイッターを開始した。芸能記者が話す。

「欽ちゃんは日本テレビの『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)の初代パーソナリティになった頃から、“良い人”“庶民的”というイメージばかりが先行。常人とは違う感覚の持ち主であることは、あまりクローズアップされてこなかった。しかし、素が滲み出るツイッターでは、欽ちゃんらしい独自の感性が現われています」

 番組放送の7月7日までにリツイート、いいね、返信の合計数55万リアクションを目指しているが、7月6日11時時点で45万を超え、順調に数字を積み重ねている。

 萩本は『まだ運はあるか』(大和書房)、『ダメなときほど運はたまる』(廣済堂新書)などの著書で再三再四述べているように、異常なまでに『運』にこだわる人間である。ツイッターでも、運に関する言及が目立っている。

関連記事

トピックス