芸能

桂歌丸さんが記者に託した「夜8時のお小言」と「妻への思い」

「生涯落語家」を貫いた

「またあなたですか。あなたが電話をかけてくるってカミさんから聞くたび、あたしゃ眠たい目を擦りながら待ってなきゃいけないから大変ですよ」

 7月2日、慢性閉塞性肺疾患で世を去った桂歌丸師匠(享年81)は、いつもそんな憎まれ口を叩きつつも本誌若手記者の取材に応じてくれた。取材は、記者がまず日中に手土産を持って横浜市内の自宅を訪れ、妻の冨士子さんに「夜8時に電話させてください」と約束を取りつけるのが“作法”だった。2016年5月に『笑点』(日本テレビ系)を勇退してからは日中は横になって体を休めている歌丸師匠の事情を考慮して、冨士子さんと相談して決めた時間が「夜8時」。そして電話するとまず“お小言”から始まるのだった。

 昨年2月、歌丸師匠が横浜で開かれた落語会にゲスト参加したときには、高座に上がる前に楽屋でロングインタビューを行なった。

 歌丸師匠はこのとき、酸素呼吸器から延びたチューブを鼻に繋いでおり、見るからにやつれた姿だった。年初に肺炎を悪化させ前月まで入院していたためだ。

 しかしそれを感じさせない小気味良い口調で、自らの病気や65年間の落語家人生、これからの落語界について真摯に話してくれた。

 印象的だったのは、恐妻家で知られた歌丸師匠が“妻への感謝”を明かした言葉だった。

「まぁ一番迷惑をかけてきたのはカミさんですよねぇ。2人で話し合って決めていることがひとつあります。それは『アタシの意識が戻らないままだったら延命装置をつけるのをやめよう』ということ。できる限り、迷惑をかけないように逝きたいなと願っているんです」

関連記事

トピックス

東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
『鎌倉殿の13人』生田斗真に注目! 時代劇研究家「何かが起きる予感がする」の所以
NEWSポストセブン
輝きを取り戻せるか(写真/共同通信社)
打撃不振の阪神・佐藤輝明のパワーはどこに消えたのか 囁かれる「第2の高山俊」の声
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
「女子アナブームの時は週刊誌にすごい撮られました」と振り返る元フジテレビ・中村仁美アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#3】週刊誌に撮られたときの局内反応の違い
週刊ポスト
南野陽子が20年前に撮り下ろしていた秘蔵セクシーグラビア
南野陽子、20年前の秘蔵グラビア公開 「2002年のまぶしすぎるナンノ」
週刊ポスト
紅白歌合戦に揃って出場した松田聖子と沙也加さん(2011年12月撮影)
聖子と明菜の出場あるか、打ち切り説ある紅白の目玉に? 聖子は沙也加さんと“共演”の可能性も
NEWSポストセブン
8月8日の誕生日当日にバースデーイベントを行った逢田(写真/五十嵐美弥)
声優・逢田梨香子、バースデーイベント成功で明かした「30歳の抱負」
NEWSポストセブン
高校野球中継に放映権料がない問題をどう考えるか(阪神甲子園球場)
高校野球「放映権無料」の是非 甲子園出場校は寄付金集めに四苦八苦の現実
NEWSポストセブン
初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン