国内

小林よしのり氏「新天皇の世の中、どうなるか楽しみ」

『戦争をしない国 明仁天皇メッセージ』著者の矢部宏治氏

 平成最後となる終戦記念日の天皇の「お言葉」は、近年同じだった文言に、「戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致し」という一節が付け加えられた。そこにはどんな思いが込められていたのか、『戦争をしない国 明仁天皇メッセージ』著者の矢部宏治氏と『天皇論 平成29年』著者の小林よしのり氏が議論した。矢部氏は今上天皇は沖縄という視点から見るとテロにもめげず慰霊を続けるなど、実は非常にアクティブで強い意志をもっていると指摘した。

小林:沖縄の件に続き、もう一つ革命的だったのは、被災地に行ったときに、しゃがんだりして被災者と目線を同じにしたこと。それはもう、今上陛下が独自につくったスタイル。それをやったら天皇の権威は失われてしまうと誰しも思った。わしも思っていた。ところが、違った。天皇に対する敬愛の念が高まり、逆に権威を高めた。すごい逆転劇だなと思いました。

矢部:沖縄の問題と同じで、本気度が伝わるんですね。

小林:即位したときは「戦後民主主義の青二才みたいのが天皇になった」と揶揄されたが、いまや昭和天皇より今上天皇のほうが国民の敬愛が高くなっているわけだから。

矢部:民主主義国家・日本における「新しい天皇像」を、ものすごい努力をして作り上げてこられた。その本来の務めができなくなったから譲位したいとおっしゃっているのに、安倍政権は当初、非常に消極的だった。保守派の言論人たちも政治的発言は「言うな」と。それはおかしいでしょう。

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン