• TOP
  • 芸能
  • 松岡修造、肥満テニス芸人に「語尾にブ~をつけろ」と助言

芸能

2018.08.29 16:00  NEWSポストセブン

松岡修造、肥満テニス芸人に「語尾にブ~をつけろ」と助言

松岡修造とテニス芸人・バモス!わたなべ

 松岡修造が、8月31日に公開される映画『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』の公開直前トークイベントに登場した。松岡は1988年のジャパン・オープン準々決勝でマッケンローと対戦。6-7、6-7と善戦するも敗れている。

 本作は、1980年のウインブルドン大会の決勝で伝説の試合とも称されるビヨン・ボルグVSジョン・マッケンローの対決とそこに至る過程を描く映画だ。松岡は2人の偉大さについては「フェデラー、ナダル、錦織圭では表現できないほどのスター」と語った。

 イベントには「テニス芸人」として知られるバモス!わたなべも登場。わたなべは高校時代にダブルスで、宮崎県大会での優勝経験があるという。

 そんなわたなべは、太っているからこそ現在は仕事がもらえているものの、やせてテニスがうまくなった方がいいのかどうかを悩んでいると松岡に相談。松岡は「やせる必要はない。今のところは試行錯誤を」と助言した。

 さらにわたなべの体形を見て「何でも語尾に“ブ~”をつけろ」と大胆なアドバイスをした松岡。テニスボールをかたどったボードに「バモスは ボルブ~ できブ~ マッケンブ~ 信じてブ~ 修造ブ~」とシュールなメッセージを書いた。

■撮影/平野哲郎

関連記事

トピックス