• TOP
  • スポーツ
  • U-18侍ジャパンスカウトが注目した「下位候補」たち

スポーツ

2018.09.12 07:00  週刊ポスト

U-18侍ジャパンスカウトが注目した「下位候補」たち

大阪桐蔭の根尾昂(撮影/藤岡雅樹)

 宮崎で開催されたU-18アジア選手権(9月3~9日)に挑んだ高校日本代表にあって、注目度も活躍も抜きん出ていたのは、吉田輝星(金足農)、根尾昂と藤原恭大(大阪桐蔭)、小園海斗(報徳学園)という今秋のドラフト1位候補たちだった。

 しかし、この舞台に悲壮な覚悟で臨んだ選手もいた。明徳義塾のエースにして、サイドハンドから鋭いスライダーやシンカーを多投する市川悠太だ。

「(高知大会で敗れて)この夏の甲子園に出られなかった自分にとっては、大事な最後のアピールの場。(今秋のドラフトでは)一つでも上の順位で指名されたいという気持ちはあります」

 ドラ1ともなれば契約金1億円に出来高5000 万の満額契約も夢ではない。一方で、市川のような下位指名の候補も、順位がひとつでも上がれば、手にする契約金や年俸が百万円単位で変動し、入団後の起用法も変わってくる。

 昨年のU-18ワールドカップでは、秀岳館の田浦文丸(現ソフトバンク)が一気に株を上げた。ブレーキの利いたチェンジアップを武器に13回3分の2を投げ、投球回の倍以上となる計29三振を奪ってベストナインを獲得した。ある球団スカウトが語る。

「最下位あたりの順位での指名が予想されていた田浦は、W杯での活躍によって、指名順位が5位にまで上がった。当然、今年のアジア選手権でも、活躍によっては評価が一変する選手の登場を待っています」

関連記事

トピックス