• TOP
  • ライフ
  • ひょっこりはんや理事長ネタ 綾小路きみまろ選の新作川柳

ライフ

2018.09.13 16:00  週刊ポスト

ひょっこりはんや理事長ネタ 綾小路きみまろ選の新作川柳

きみまろ川柳で夏の疲れも吹き飛ばせ

 暑さ寒さも彼岸まで──猛暑でイライラ度が上がっていたご夫婦も、そろそろクールダウンする季節です。夫婦円満の妙薬といえば……そう、「きみまろ夫婦川柳」。お待たせしました夏・秋の新作スペシャルです。

 まずは連日、週刊誌やワイドショーを賑わせているスポーツ界の話題から。日大アメフト部の悪質タックル問題や、日本ボクシング連盟前会長の黒い交際疑惑など、眉をひそめる問題が続出しました。日大の問題では、「学長」よりも上に、絶対的な権力を握る「理事長」という存在がいることがクローズアップされました。そんな二重の権力構造は、ご夫婦の間にもあるようです。

【我が家では オレが学長 妻、理事長】

「違うわよ! アナタは学長なんかじゃないわ!」と奥様。「ごめん!やっぱりオレが理事長か?」「だから違うって! 学長は同居してる私の母で、理事が娘。事務局長はポチで、アナタは平の事務局員!」。

 ご主人の地位は、愛犬よりも下だったのです(涙)。

 アマチュアボクシングの山根明前会長については、その引き際について「やめねぇ会長」と、揶揄されたりもしました。今後どうするかは、「ボクシングの話だけに検討(拳闘)中」のようです(冗談です)。

【いつやめる? やめねぇ会長 検討(拳闘)中】

 同じスポーツ界でも、サッカーW杯には日本中が熱狂しました。特にコロンビア戦で決勝ゴールをあげた大迫勇也選手の活躍ぶりを讃えた「大迫、半端ないって」は、今年の流行語大賞の最有力候補といわれています。そんな日本代表のすごさと夫のふがいなさを比べて奥様が痛烈な一句。「ワールド杯? “夜のダンナ”は 予選落ち」──。「大迫は“攻撃”だけだけど、女房はキックに“口撃”が加わるもんなぁ」。そんなご主人からはこんな句も。

関連記事

トピックス