芸能

石原さとみ、ドラマ打ち上げで「悔しい」「全責任は私」と涙

打ち上げに全身黒のシックな出で立ちで参加した石原

 ドラマ『高嶺の花』(日本テレビ系)の打ち上げで、思わず涙を流してしまう石原さとみ(31才)の姿があった。

「他の人たちは3分程度のスピーチだったんですが、石原さんは10分近くも作品に対する思いを語っていました。でも、途中から泣きだしてしまって…ドラマにかけた熱意が強かった分、悔しかったのかもしれません」(参加者の1人)

 9月12日の夜、東京・原宿のイタリアンレストランで『高嶺の花』の打ち上げが行われた。主演の石原さとみ(31才)が演じたのは、華道の名門の家に生まれ、財力やキャリアに加えて美貌も持ち合わせた女性。ところが結婚式当日に破談となり、平凡な自転車店店主と恋に落ちてしまうという“超・格差恋愛”物語だ。

「相手役に昨年放送のNHK朝ドラ『ひよっこ』でブレークした、ロックバンド・銀杏BOYZの峯田和伸さん(40才)を迎え、脚本は野島伸司さん(55才)。話題性に富んでいて、始まる前から局内では“これは高視聴率が狙えるぞ”と期待されていました」(テレビ局関係者)

 しかし、読みは外れた。視聴率は初回こそ11.1%だったものの、その後は下落が続き、1ケタ台で安定してしまっていた。

 冒頭の打ち上げはそんな“惨敗ムード”を感じさせない明るい雰囲気で始まったのだが、最後に石原が挨拶に立つと雰囲気が一変したという。

「石原さんは7~8年前に野島さんと初めて食事をした時に、“経験の少ない今のあなたではラブストーリーは書けない”と言われて、かなり悔しかったそうです。それから奮起した彼女はさまざまな経験を積んで、昨年、野島さんに逆オファーし、『高嶺の花』が実現したと熱く語っていました。でも、視聴率という結果が出なかったことに対し、その後は“勝てなかった”“悔しい”“全責任は私です”“ご迷惑をおかけしました”と、涙を流し始めて…会場は静まり返ってしまいました」(前出・参加者)

 石原がこれほどまでに「勝ち負け」にこだわったのは、“ライバル”の存在もあるという。それは同じ事務所で年齢も近い綾瀬はるか(33才)である。

 石原とは裏腹に、綾瀬が主演を務めた『義母と娘のブルース』(TBS系)は絶好調。初回は11.5%と『高嶺の花』と変わらなかったが、その後は右肩上がりとなり、9月11日放送の第9話は17.3%(関東地区)と今クールドラマで最高をマークした。

関連記事

トピックス

永野芽郁がアパレル店から出てきた
永野芽郁の笑顔引き出すイケメンマネジャーの正体は「ももクロ百田夏菜子の弟」だった
NEWSポストセブン
日本食を恋しく思っているという(写真/時事通信フォト)
小室眞子さん、10月20日の美智子さまの米寿に帰国予定なし 月末には圭さん司法試験の合格発表
女性セブン
退社はしないと見られる弘中アナの無双
資産15億円社長と結婚の弘中綾香アナが退社しない理由「もはや局内フリー状態」との指摘
NEWSポストセブン
CSを控えているが、阪神の次期監督・岡田彰布氏が注目を集めている(時事通信フォト)
阪神・岡田彰布新監督にOB江本孟紀氏「矢野よりはるかに面白い野球をやりますよ」
週刊ポスト
日本を明るく照らしたアントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、4人の妻との波乱の人生 倍賞美津子は病床の元夫を見舞った
女性セブン
『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける
米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由
女性セブン
同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
「週刊ポスト」本日発売! 岸田政権がもくろむ年金大改悪の罠ほか
NEWSポストセブン