芸能

ピース又吉直樹 セクシー衣装の美女と合コン、その成果は?

合コン後、伏し目がちだった又吉

 お笑いコンビ・ピースの又吉直樹(38才)が、ゴージャスな合コンに参加している姿をキャッチした。

 2015年にデビュー作『火花』(文藝春秋刊)で芥川賞を受賞し、女性ファンも多い又吉だが、こと恋愛に関しては大の奥手。これまで浮いた話はまったくなく、自身もテレビ番組で《女性は好きなんですけど、すごい苦手意識がある》(フジテレビ系『ボクらの時代』2017年5月28日放送)と語るほど、恋愛経験は乏しいようだ。

 そんな又吉が黒いジャケットとボトムのセットアップにベレー帽という“ドレス仕様”で出かけたのは、9月のある日のことだった。訪れたのは、都内にある鉄板焼き店である。

「知人男性が主催した合コンに呼ばれたそうです。いつも飲みに行くときは髪の毛を無造作に結んで、カジュアルダウンした格好が多いので、この日の服装はかなり“フォーマル”だったといえます」(又吉の知人)

 午後11時過ぎ、店から出てきたのは又吉と知人男性1人、そして2人の女性だったが、気合が入っていたのは、又吉だけではなかった。

 女性は2人とも超のつく美人で、スタイルも抜群。1人は水玉模様のワンピースを着ていて、大きく開いた胸元からは深い谷間が見える。

 もう1人はベージュのロングコートを着ていたが、中は丈の短い黒いチューブトップでへそ出し、豹柄のタイトスカートもセクシーだ。それから4人は仲よく1台のタクシーに乗りこんだ。当然、“第2ラウンド”が始まるものかと思われたが、途中で又吉以外の3人が下車したのだった。

「又吉さんは二次会の誘いを断わり、1人だけ帰途についたそうです。又吉さんは“30代半ばの男3人暮らしはヤバイから、もう引っ越しせんと”と、2年ほど前に後輩芸人たちとの“同棲”を解消しました。最近は本気で恋人が欲しいようですが、9月から毎日新聞で連載が始まるなど、忙しくて飲みに行く暇もないようです」(前出・又吉の知人)

 昨年、又吉が書きあげた恋愛小説『劇場』(新潮社)のヒロイン・沙希は、又吉の理想の女性像を描いたといわれている。ちなみに沙希は美人でおしゃれで料理が得意。常識があって、頑張り屋さんで、よく笑う明るい娘で、都会にスレておらず、かつ男心をわかっている…又吉の春は永遠にやってこないかも…。

※女性セブン2018年10月11日号

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン