芸能

デヴィ夫人から内村光良へ、放送できない発言で場が凍った

悪気なく発してしまった“放送禁止”発言

 歯に衣着せぬ奔放発言で人気のデヴィ夫人(78才)。「反省」という言葉とは無縁そうな彼女だが、最近、深く反省する“事件”を巻き起こしていたという。

「9月10日放送の『痛快TV スカッとジャパン』(フジテレビ系)で、司会の内村(光良・54才)さんに対して、絶対放送できない“トンデモ発言”をしてしまったらしいんです。 夫人は人気番組『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)でも内村さんと共演していますが、今後彼の番組に“出入り禁止”になるのではないかとスタッフの間で囁かれています」(番組関係者)

 その発言があったのは、番組内である夫婦のエピソードが紹介された時。不器用な夫が見せる妻への愛情に、ゲストのいとうあさこ(48才)や高橋真麻(36才)らが、感動の涙を浮かべた直後のことだった。

「内村さんが話のまとめに入った時、デヴィ夫人が内村さんに“あなた略奪愛なんでしょ?”って言い出したんです」(別の番組関係者)

 内村は当時テレビ朝日のアナウンサーだった徳永有美(43才)と不倫の末、結婚。略奪愛と騒がれたのは事実だが、今や15年も前の話。しかも「芸能界イチの視聴率男」の内村にそんな発言をするとは…。その瞬間、スタッフは凍りついたという。

「一瞬、微妙な空気が流れたような気もしますが、すかさずゲストの陣内智則(44才)が“やめろ~”とツッこみ、スタジオは笑いモードに。チラリと内村さんを見ると全然気にした様子はなく、一緒に笑って聞いていたので、そこからはみんなで大爆笑になりました。内村さん、さすがの懐の深さだなぁ、と。デヴィ夫人も悪気がまったくなく、ストレートな夫人らしい言い方でしたからね。ただ、もちろん放送ではカットされましたけど(笑い)」(前出・番組関係者)

 収録後、デヴィ夫人は「日本の芸能界のことを何も知らないから、週刊誌で読んだことをそのまま口にしちゃったのよ。内村さんにホントに悪いことしちゃったわ」と反省しきりだったという。毒舌、トンデモ発言で知られるデヴィ夫人だが、私生活では気遣いの人のようだ。

※女性セブン2018年10月11日号

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
妻・国分佐智子と歩く林家三平
国分佐智子の美貌健在「落語界一の美人妻」抱える林家三平にTikTokナンパ疑惑
NEWSポストセブン
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン