スポーツ

最新スポーツ記事のRSS

貴乃花親方の手元には相撲協会の暗部をえぐる爆弾がある

2018.10.02 07:00

 9月25日に引退会見をおこなった貴乃花親方と、元々は“シンパ”とされてきた親方衆の間には、距離がで

 9月25日に引退会見をおこなった貴乃花親方と、元々は“シンパ”とされてきた親方衆の間には、距離ができてしまっていた。若手親方の一人はこういう。

「阿武松グループと協会執行部側の接近を取り持ったキーマンは、今年2月の理事選を前に時津風一門を離脱し、“貴シンパ”として知られた錣山(しころやま)親方(元関脇・寺尾)だったようだ。阿武松親方(元関脇・益荒男)と錣山親方、そして八角理事長(元横綱・北勝海)は1979年初土俵の同期。相撲教習所でも一緒だった。日馬富士の事件以来の混乱を収束させようと、『同期3人で手打ちがあったのではないか』──貴乃花親方はそう不信感を抱いていたようだ」

 協会執行部との対立の末、春場所中に弟子の貴公俊が暴力問題を起こし、貴乃花親方はヒラ年寄まで降格される屈辱を味わった。

 3月に3期目の八角理事長体制がスタートして以降は、「場所中も審判部の控室で壁の方を向いたまま、誰とも話そうとしない」(講演会関係者)という状態が続いていた。盟友といわれた玉ノ井親方(元大関・栃東)や浅香山親方(元大関・魁皇)、湊親方(元前頭・湊富士)らとも必要最小限の会話しかしていなかったという。

「周りには一切、相談をしないからか、部屋の中も混乱してギクシャクしていた。8月の夏巡業中には、四股の指導をされていた弟子の一人が反抗的な態度をとったことで、かなり険悪な雰囲気になったこともあったという。引退会見にしても、妻・景子さんに何の相談もなく一人で決めたことだった」(ベテラン記者)

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP