• TOP
  • ライフ
  • ハロウィンジャンボ 最強の「幸運アイテム」売り場全国10

ライフ

2018.10.02 11:00  週刊ポスト

ハロウィンジャンボ 最強の「幸運アイテム」売り場全国10

幸運の女神は微笑むか

 オータムジャンボから名称を改めて2年目の『ハロウィンジャンボ宝くじ』の発売が、10月1日にスタートした(10月30日抽せん)。

 1等・前後賞を合わせた当せん金額は5億円(1等9本)。10万円以上の当せん本数は1万215本と昨年から8倍に増加し、さらに特別賞として「ハロウィン賞」の5万円が9000本と何重にも夢が広がる。“山ちゃん”の愛称でおなじみの日本唯一の宝くじ研究家・山口旦訓(かつのり)氏がいう。

「宝くじは夢買いですから、楽しみながら当たりそうな売り場を探して買うとより楽しみが増す。そして、工夫を凝らした開運グッズを置いて努力している売り場には、つい足を運んでしまう魅力があります。

 宝くじファンが集まる売り場は運が運を呼び寄せて活気づき、過去の実績でも大当たりを多く出す傾向にあります」

 そこで、ファンと運を呼ぶ「究極の名物開運グッズのある売り場10」を山ちゃんが厳選。

◆「リアル招き猫」が福を呼ぶ

 今夏、甲子園での金足農業高校の快進撃に沸いた秋田県。JR秋田駅から北東へ約3kmに位置する『広面CC』(秋田県秋田市)は、売り場窓口に誘うように11個の「幸運の猫の足跡」が刻まれている。これは1995年の売り場新装時、コンクリートが乾く前に野良猫がつけてしまったものだ。

関連記事

トピックス