• TOP
  • 芸能
  • 酒井法子 「育ての親」の会社から金銭トラブルで訴えられる

芸能

2018.10.04 07:00  女性セブン

酒井法子 「育ての親」の会社から金銭トラブルで訴えられる

“育ての親”に訴えらえた酒井法子

《平成30年 民事第10部 原告=X工業 被告=酒井法子》

 9月20日、東京地裁で第1回弁論が行われた民事裁判。その訴訟を知った関係者は驚きを隠せなかった。

「酒井さんが訴えられたこともびっくりですが、相手があの“恩人”の会社とは…一体何があったのでしょうか」

 2009年8月に酒井法子(47才)が覚せい剤取締法違反で逮捕されてから、来年で10年になる。懲役1年6か月執行猶予3年の判決を受けた酒井は、2012年には芸能界に復帰。今では年5回もディナーショーを開催し、ライブや全国各地でのイベントにも出演。とりわけアジア圏では高い人気を誇り、今年1月の香港でのコンサートは満員御礼だった。

 その“完全復活劇”の陰には大物支援者の存在があった。元建設会社会長の故・Tさん(享年74)である。

「当時夫だった高相祐一さんが逮捕されたときに、酒井さんが出頭するまでの間保護したのがTさんでした。その後も釈放後のマスコミ対応や告白本の出版など、公私ともに彼女の相談に乗り、サポート。生活費も工面し、今住んでいる自宅もTさんが用意していた」(酒井の知人)

 Tさんは酒井の継母の40年来の知人で、酒井にとっては10代の頃から世話になってきた「育ての親のような存在」(前出・知人)だ。

 だが、冒頭の民事裁判で酒井を訴えているのは、他ならぬTさんが会長を務めていた「X工業」(仮名)という会社。関係者の驚きが大きかったのも、そのためだった。

「6年前にTさんが肝臓がんで亡くなった後、長男が会社を継いで社長に就任しています。父親の死後も酒井さんとTさん一族は良好な関係を続けていると思っていたのですが…」(前出・知人)

 訴訟に至る経緯について、原告側の親族はこう語る。

「内容は明かせませんが、金銭問題でトラブルがあって、Tさんの長男側が酒井さんに訴えを起こさざるをえない状況になったと聞いています。父親亡き後のX工業と酒井さんは赤の他人同然でした。裁判の記録は酒井さんが“世間に知られたくない”と言うので、非公開とされているようです」

 10月上旬、本誌・女性セブン記者はTさんの持ちビルにある酒井の自宅を訪れたが、ひっそりと静まり返っていた。

※女性セブン2018年10月18日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス