国内

小室圭さんと母のマンションで警察沙汰、汚物投げ込み事件

留学前は母子が並んで出勤や帰宅する姿がよく見られた

 小室圭さん(26)の留学後、母・佳代さんの所在が杳(よう)として知れない。宮内庁や外務省も関心を持つ彼女の“失踪”。そんな中、母子が消えたマンションで、ある警察沙汰が起きていた。誰が一体、何のために──。

 現場は、神奈川・横浜の住宅街にあるマンションだ。敷地内に異物があることに気づいた住民が警察に通報すると警察官が駆けつけ、緊張感が走ったという。

「9月中旬のことです。あのマンションに、女性が“汚物”を投げ込み、その女性は警察に捕まったと近所で話題になりました。警察がエントランス付近で、何か現場検証のようなことをやっていました。それ以来、1時間に1度は必ず、車かバイクに乗った警察官が見回りに来るんです。“お2人”はいなくなったのに、何かまだ物騒なことが続いているんでしょうか」

 そう不安げな表情の近隣住民が話す「いなくなった2人」――それは、秋篠宮家の長女・眞子さま(26)との縁談が進む小室圭さんと、母親の佳代さん。2人は長年、このマンションで暮らしてきた。

 皇族の婚約内定者の自宅とあって、マンションの脇には、警察官が雨風をしのぐための「ポリスボックス」が置かれ、警備が続けられてきた。ただ、8月上旬に小室さんがアメリカ留学に出発すると、警察官の姿は消え、ポリスボックスは空っぽになった。

 事件は、それを待っていたかのように起きた──。

 一方、秋篠宮ご一家は、いつも通りの平穏な生活を送られているように見える。

「秋篠宮ご夫妻と悠仁さまは、10月の週末に関東近郊に泊まりがけで旅行されるようです。悠仁さまは夏休みに、名峰・槍ヶ岳(長野県)に登られたことが話題になったように、近ごろ登山を楽しまれることが多いので、今回のご滞在でも、山に登られるかもしれません」(宮内庁関係者)

 赤や黄に色づき始めた葉を眺めながら、澄んだ空気を味わえる登山では、さぞ爽快な汗をかけることだろう。しかし、秋篠宮ご夫妻の胸中は、秋のさわやかな天候とはいかないようだ。

「小室さんはアメリカへの出発後、秋篠宮ご夫妻に一切、連絡を取っていないそうです。もちろん眞子さまとは頻繁にやりとりしているようですが、あれだけ物議を醸した婚約内定と留学だったわけで、ご夫妻にも『無事に到着しました』『勉学に励みます』という報告があってもいいはずです。電話が憚られるならば、手紙やメールといった手段もあるはずですが、まったく音沙汰がないようです。金銭トラブルの解決も、母子でそろってうやむやにしたまま。秋篠宮さまは“本気で結婚する気があるのか”と相当に不信感をお持ちのようです」(別の宮内庁関係者)

関連記事

トピックス

羽生結弦の勝利の女神が休業
羽生結弦、衣装を手掛けるデザイナーが突然の休業 悪質なファンの心ない言動や無許可の二次創作が原因か
女性セブン
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
三笠宮彬子さま、2015年に出版した“プリンセスの留学記”がネットで大きな話題 新たなあとがきを加えて9年越しに文庫化されるまで
女性セブン
堂本光一の思いとは
【全文公開】堂本光一、本格始動のスタートエンタに苦言を繰り返す背景 福田淳社長は“早期退任説”を真っ向否定
女性セブン
『サンデーモーニング』の司会を引き継いだ膳場貴子(時事通信フォト)
《3度の結婚と出産、マタハラ騒動経て》膳場貴子がサンモニ新MC就任で意識する、“関口宏カラーは変えない”の理由
NEWSポストセブン
広岡達朗について語ってた江夏氏(撮影/藤岡雅樹)
江夏豊と広岡達朗は本当に“犬猿の仲”だったのか「疑惑の痛風発言」を広岡本人に直撃
NEWSポストセブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
初代うたのおにいさんデビュー時の田中星児(本人提供)
《『ビューティフル・サンデー』歌い続けて48年》田中星児(76)“いつまで歌っていけるのか”年を重ねて自問自答「ポッと歌詞を忘れてもお客さんが助けてくれるんです」
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
デビュー時の鈴木亜美(左)と後藤真希(右)
《鈴木亜美と後藤真希》『ASAYAN』時代は「会話もなかった」「何事もないかのように、涼しい顔を」今だから話せる“本音女子トーク”
NEWSポストセブン