• TOP
  • ライフ
  • 「学校燃えろ」荒れて不登校になった息子はどう立ち直ったか

ライフ

2018.10.07 07:00  女性セブン

「学校燃えろ」荒れて不登校になった息子はどう立ち直ったか

子供の不登校、シングルマザーの会社員・佐々木さんの実体験(イラスト/たばやん)

 もしも自分の子供が「学校に行きたくない」と言い始めたらどうするだろうか…。誰にでも起こりうることだが、どのようにすればいいのか分からないという人も多いだろう。高校生の長男と長女を1人で育てるシングルマザーの会社員・佐々木和子さんの実体験を紹介。もしものときの参考にしてほしい。

 * * *
 小学校に上がってから、息子が「授業がつまらない」「先生が嫌」と愚痴を言うように。

 シングルマザーの私は、息子が学校に行ってくれないと働きに出られません。「学校がつまらないのは当然」と、強制的に通わせました。

 下駄箱で怒鳴り合って、無理やり教室に押し込む毎日。家に帰れば「学校なんて燃えろ」と、愚痴も過激に…。

 そして3学期。息子は何を聞いても怒鳴る・暴れる・キレるようになり、会話ができなくなりました。

 嫌がる息子を強制登校させた結果、小学1年生の3学期に息子が“爆発”。会話ができないほど暴れるようになり、ようやく事態の深刻さに気づきました。職場に息子を連れて行ったりしてなんとか休ませましたが、学校に戻すことを諦めきれず、節目の時期ごとに学校へ行くことをすすめていました。

 そんな状態が小学3年生まで続いたある日、息子がランドセルをひっくり返し、プリントを破り捨てながら「学校をやめる」と宣言。この時、ようやく本心から言えました。

「わかった。学校はやめていい。今まで無理矢理連れて行ってごめん」

 ここまで気持ちが固まっているなら、何をしようがこの子は大丈夫──そう思いました。

 その後、いろいろなフリースクールを見学し本人が気に入ったところに通うことに。今は普通の高校に通っています。当時学校で何があったのか、結局教えてはくれませんでしたが、あの時についた心の傷が癒えるまで約10年かかりました。もっと早くに不登校を許していたらと、今でも後悔しています。

※女性セブン2018年10月18日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス