• TOP
  • 芸能
  • 石田ゆり子、更年期障害を告白「自律神経がついていけない」

芸能

2018.10.08 07:00  女性セブン

石田ゆり子、更年期障害を告白「自律神経がついていけない」

 9月22日放送の『サワコの朝』(TBS系)に出演した時も、石田が顔をハンカチで拭う場面が何度かあった。

「『ホットフラッシュ』では、体はそんなに汗をかかないけれど、顔だけに汗をかく人が多い。そのため、“ハンカチを手離せない”と悩んでいる人は多いです」(前出・今井さん)

 石田に共感した有働アナも、昨年11月に放送された『あさイチ』(NHK)の中で、40才の時に更年期障害だと診断されたことを告白していた。

「2008年、ニューヨークからオバマ大統領(57才)勝利の現場報告をしている最中のことで、立っていると、クゥ~と地面に引っ張られるようなめまいを感じたそうです。冬なのに、急に汗が出るようになり、とにかく小さなことで、自分をコントロールできないくらいイライラしたと明かしていました」(NHK関係者)

 有働アナはまだ40才だったこともあり、医師に「ストレスで更年期が早まったのではないか」と診断された時は、「信じたくなかった」が、処方された女性ホルモン剤をのむとホットフラッシュがなくなり、頭痛とイライラもなくなったという。

※女性セブン2018年10月18日号

関連記事

トピックス