芸能

最新芸能記事のRSS

Koki,は活躍を続けられるか? “親の七光り”脱却のカギは

2018.10.13 07:00

 木村拓哉(45才)と工藤静香(48才)の次女・Koki,(15才)が、今月2日、大塚製薬の新飲料CM発表会に登場すると、異例ともいえるマスコミ約100社約140人が殺到。改めて注目度の高さがうかがえた。デビューから4か月で一躍スターダムにのし上がったKoki,は、このまま活躍を続けることができるのか?

 今回の会見でのKoki,の印象について、コラムニストの仁科友里さんはこう語る。

「Koki,さんは、“初々しい新人タレント”という感じでした。慣れていないのか、マイクを持つ手も話しているうちに下がっていました。でも、圧倒的な華があって、15才の新人と思えないほど堂々としていました。普通の新人だったら、あれだけの数のマスコミを前にしたら、表情がかたくなって何もしゃべれなくなってしまうもの。また、母親のファッションを思わせる黒の上下とチョーカーを合わせるスタイルが印象的でした」

 今年5月発売のファッション誌『ELLE JAPON』7月号でモデルデビューしたKoki,。8月に日本初かつ歴代最年少で『ブルガリ』のアンバサダーに、9月にはシャネルのビューティーアンバサダーに就任した。

「今のようにモデルをやりながら、CM出演という活動を続けるなら、テレビには進出せず、露出はSNSメインでいった方がいいと思います。SNSによって、ファンを獲得することができますし、今やSNSのフォロワー数は企業側がCMに起用する判断基準のひとつになっていますから」(仁科さん・以下「」内同)

 Koki,のインスタグラムのフォロワー数は130万人以上で、圧倒的な影響力を持つ。動画を増やすなどして、このままSNSで積極的に情報発信するスタイルはアリだという。

 モデル業は、両親とも進んでいない分野。親とは違う方向に進んだことは、Koki,の活動にとってプラスだと仁科さんは指摘する。神田正輝と松田聖子の長女・神田沙也加の例を挙げると、沙也加はデビュー当初アイドル路線で活動したが、伸び悩んだ。そこで自ら志願し、声優学校で勉強し直している。

「沙也加さんはアイドル畑では、どうしても母親に敵わないと思うんです。実力の問題ではなく、松田聖子さんはアイドル界のレジェンドですから。でも母親がほとんどやってない分野、声優やミュージカルに進出して、映画『アナと雪の女王』で大ブレイクしました。そのように、2世は親の影を感じさせない分野で才能を伸ばすのが得策なんです。

 2世で親と同じ業界に進んで成功したケースでは、宇多田ヒカルさんがいます。母親の藤圭子さんと同じ歌手ですが、宇多田さんはシンガーソングライターで、藤さんは演歌歌手。ジャンルが違うことで、親の影響が薄くなります」

 木村拓哉(45才)と工藤静香(48才)の次女・Koki,(15才)が、今月2日、大塚製薬の新飲料CM発表会に登場すると、異例ともいえるマスコミ約100社約140人が殺到。改めて注目度の高さがうかがえた。デビューから4か月で一躍スターダムにのし上がったKoki,は、このまま活躍を続けることができるのか?

 今回の会見でのKoki,の印象について、コラムニストの仁科友里さんはこう語る。

「Koki,さんは、“初々しい新人タレント”という感じでした。慣れていないのか、マイクを持つ手も話しているうちに下がっていました。でも、圧倒的な華があって、15才の新人と思えないほど堂々としていました。普通の新人だったら、あれだけの数のマスコミを前にしたら、表情がかたくなって何もしゃべれなくなってしまうもの。また、母親のファッションを思わせる黒の上下とチョーカーを合わせるスタイルが印象的でした」

 今年5月発売のファッション誌『ELLE JAPON』7月号でモデルデビューしたKoki,。8月に日本初かつ歴代最年少で『ブルガリ』のアンバサダーに、9月にはシャネルのビューティーアンバサダーに就任した。

「今のようにモデルをやりながら、CM出演という活動を続けるなら、テレビには進出せず、露出はSNSメインでいった方がいいと思います。SNSによって、ファンを獲得することができますし、今やSNSのフォロワー数は企業側がCMに起用する判断基準のひとつになっていますから」(仁科さん・以下「」内同)

 Koki,のインスタグラムのフォロワー数は130万人以上で、圧倒的な影響力を持つ。動画を増やすなどして、このままSNSで積極的に情報発信するスタイルはアリだという。

 モデル業は、両親とも進んでいない分野。親とは違う方向に進んだことは、Koki,の活動にとってプラスだと仁科さんは指摘する。神田正輝と松田聖子の長女・神田沙也加の例を挙げると、沙也加はデビュー当初アイドル路線で活動したが、伸び悩んだ。そこで自ら志願し、声優学校で勉強し直している。

「沙也加さんはアイドル畑では、どうしても母親に敵わないと思うんです。実力の問題ではなく、松田聖子さんはアイドル界のレジェンドですから。でも母親がほとんどやってない分野、声優やミュージカルに進出して、映画『アナと雪の女王』で大ブレイクしました。そのように、2世は親の影を感じさせない分野で才能を伸ばすのが得策なんです。

 2世で親と同じ業界に進んで成功したケースでは、宇多田ヒカルさんがいます。母親の藤圭子さんと同じ歌手ですが、宇多田さんはシンガーソングライターで、藤さんは演歌歌手。ジャンルが違うことで、親の影響が薄くなります」

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP