芸能

山田孝之がインスタ非公開の美女だらけ誕生会、マギーも参加

誕生会に参加したマギー。交際中の武尊が山田の友人

《今年もたくさんの友達にお祝いされて幸せな山田 みんな愛してるぜ》。10月20日に誕生日を迎えた山田孝之(35才)はこんな言葉とともに、自身の誕生日会の様子を翌21日、インスタグラムで公開した。

 参加したのは山田のほか、佐藤健(29才)、松本潤(35才)、松田龍平(35才)、ムロツヨシ(42才)、山崎賢人(24才)、赤西仁(34才)、綾野剛(36才)、新田真剣佑(21才)…約30人の有名俳優たち。多忙な中、彼らが山田のために駆けつけたようで、人望と交友範囲の広さがうかがえた。

 しかし、山田の35才を祝ったのは彼らだけではない。インスタに載せていない「もう1つの誕生日会」を本誌は目撃していた。

 誕生日の2日前、10月18日の午後9時過ぎ、仕事を終えた山田は、東京・西麻布の路地で車を降りると、高級焼肉店へと入った。

 ここは1万円のコースがメインと高い価格設定ながら、予約必至の人気店。客席のほとんどが完全個室のため、お忍びで利用する芸能人も多い。

「この店は、城田優さん(32才)の高校時代の同級生がやっていて、城田さん自身も経営にかかわっているそうです。以前、佐藤健さんも友人との食事会にここを利用していました。3人はプライベートでも仲がいいので、気兼ねなく食事を楽しむのにいい場所なんでしょう」(芸能関係者)

 山田が到着すると、その後も続々と芸能関係者と思しき男性ら10人がばらばらに店内へと入っていく。夜が更けるにつれて、店外にもれるほど男たちのにぎわう声が響いた。閉店時間の午前0時が過ぎても宴は終わらない。そして午前1時頃、ぽつぽつとまた、店を訪れる人の姿があった。

 今回は全員が女性。しかもモデルやタレントさながらの美女ばかり。ひざ上20cmのミニスカートをはいた20代前半と思しき女性らが1人、また1人と店内へ吸い込まれていく。総勢12~15人ほどの艶やかな女性たちの中には、タレントのマギー(26才)の姿もあった。

「この日は一足早く山田さんの誕生日を祝う会が行われていたようです。山田さんは同性も異性も、業界の人も一般の人も関係なく友人が多い。2012年に結婚し、お子さんが生まれた後も、そういった交友関係を大切にしているんでしょう。35才という区切りの年なので“人を集めて豪勢にやろう”と友人らが呼びかけて集まったみたいですよ」(前出・芸能関係者)

 インスタ“非公開”のパーティーは夜が明けるまで続いた。

※女性セブン2018年11月8日号

関連記事

トピックス

三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
有岡大貴と松岡茉優
Hey! Say! JUMP有岡大貴&松岡茉優が結婚 匂わせなしの“ファンファースト”な交際の一方で「結婚は35才以降」説崩壊に動揺も
女性セブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン
日活映画は吉永小百合にとっても青春そのものだった
【吉永小百合・デビュー65周年】日活という学校で学び、青春映画の中で放たれた可憐なマドンナ 共演者・カメラマンが語るその輝き
週刊ポスト
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
紀子さま“体調不良報道”でも気丈な姿、単独公務先で「こちらにどうぞ」と気さくに声かける お元気そうな様子に同行していた記者たちは驚き
週刊ポスト
6月9日、鹿児島市内の認定こども園で、刃物のようなもので男児の首を切りつけて出血させたとして、殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者(21)
《鹿児島2歳児切りつけ》「見えたらいけないものが…」21歳の女性保育士が犯行前にSNSで意味深投稿 母校の高校関係者は「夢の実現目指して熱心に勉強を」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
全国ライブ中の沢田研二
《ファンの声援にブチ切れ》沢田研二が「見てわからんか!」とステージ上で激怒し突っ込んだ「NGワード」
NEWSポストセブン
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン