芸能

樹木希林さんが残した自殺望む子供たちに向けたメッセージ

自殺する子供たちのことを気にかけていた希林さん

 樹木希林さん(享年75)は亡くなる直前まで、自殺する子供たちを心配していた。「子供の自殺が最も多い」といわれる9月1日を前に、震える文字で、

《どうかな今年は》
《あまりに勿体ない生命》

 というメモを遺していた。

「樹木さんは何年も前から、不登校で自殺してしまう子や悩んでいる子にメッセージを送り続け、常に気にかけていました。このメモも、ただ子供たちを心配して書き綴ったものです。理路整然とした文章ではありませんが、この頃の樹木さんは全身チューブにつながれていて、息も絶え絶え。気力を振り絞って書いたものだと思います。9月1日当日には“どうか死なないで”とつぶやき、涙を流していたそうです」(芸能関係者)

 16才で自殺したご当地アイドル、パワハラが原因で命を絶った17才の男子バレーボール部員…最近も自殺のニュースは後を絶たない。そんな中、10月16日に松本人志(55才)がツイッターに投稿した。

《自殺する子供をひとりでも減らすため【死んだら負け】をオレは言い続けるよ。。。》

 自らが出演する番組でも、

「ぼくはやっぱり死んだら負けやということをもっと、みんなが言わないと(いけないと思う)。死んだらみんなかばってくれるっていう風潮がすごく嫌なんですよ」

 と持論を展開。よく言ってくれた、冷たすぎる、どうしたら自殺を止められるのか──論争に発展した。そんな中、注目を浴びているのが樹木さんの言葉だ。

《私みたいに歳をとれば、ガンとか脳卒中とか、死ぬ理由はいっぱいあるから。無理して、いま死ななくていいじゃない。だからさ、それまでずっと居てよ、フラフラとさ》

 これは2015年8月22日、山口県で行われた「登校拒否・不登校を考える全国合宿」で樹木さんが講演した際の発言だった。樹木さんにインタビューした『不登校新聞』編集長の石井志昴さんが話す。

「映画『神宮希林』のなかで、樹木さんが夫・内田裕也さん(78才)について“ああいう御しがたい存在は自分を映す鏡になる”とお話しされていました。“御しがたい”というのは“思うように手に負えない”という意味。これを聞いて、私は葛藤を抱える不登校の人にも通じるところがあると思った。手紙を書いてオファーしたところ、ご本人から“いつ死ぬかわからないから、明後日にでもどう?”とお電話があり、急きょインタビューさせていただきました。そのご縁で山口のイベントが開かれました」

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン