• TOP
  • 芸能
  • 高須院長「美腹筋ブームはモテ願望とは別。男性化も?」

芸能

2018.11.10 07:00  NEWSポストセブン

高須院長「美腹筋ブームはモテ願望とは別。男性化も?」

美腹筋・美尻ブームを解説する高須院長

 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長が世の中の様々な話題に、思いのままに提言をしていくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、近年ブームとなっている「美腹筋」や「美尻」についてうかがいました。

 * * *
──ここ数年の“女性の美”のトレンドとして、アスリートのような引き締まったボディーというものがあります。きれいに割れた6パックの美腹筋や、プリッと上がったヒップなどに憧れて、トレーニングを始める女性も多いようです。

高須:そういうのが、今のトレンドということなんだろうね。ちょっと前だったら、バッキバキに割れたお腹よりも、なめらかで女性らしいお腹のほうが魅力的だっていう時代もあったからね。美しさというものは、時代によって変わるもの。絶対的なものではないんだよ。でも、裏を返せば、どんな女性だって、時代が変われば美しくなるってことだからね。つまり、女性は全員美しい。素晴らしいね(笑い)。

 ちなみに、男性のほうもそういうブームはあるんだよ。僕がクリニックを開業したころは「巨根ブーム」があったね。陰茎を長くしてほしいと駆け込んでくる男性も多かった。今ではあまり流行ってないけど、“長茎術”とか“亀頭増大”なんて言葉がもてはやされたこともあったんだから(笑い)。

──男性が巨根にしたいと思う背景には“モテたい”という願望もあるとは思うのですが、女性が腹筋やヒップを鍛えるのも、“モテたい”という気持ちがあるんでしょうか?

高須:いや、そうじゃないと思うよ。むしろ、自分の理想の体に近づきたいという、内側に向けた願望だろうね。どちらかというと趣味みたいなものだ。トレーニングそのものが目的になっているんだよ。

 それに、腹筋やヒップを鍛えて、筋肉をつけていると、体脂肪率は下がってくるわけで、もしかしたらホルモンバランスも変わってくるのかもしれないな。だんだんと男性ホルモンが増えてきて、毛深くなったりもしてるんじゃないかな。そういう意味でも、やっぱり“モテたい”ということで鍛えてるのではないんだろうね。あくまでも、自分を極めるために鍛えているんだよ。

──ヒップアップのために、お尻にプロテーゼを入れるという方法もあるんですよね?

高須:そうそう。僕が開業した当時なんかは、ヒップアップのプロテーゼ(シリコンバッグ)挿入がとても人気だった時期もあった。その時代には、ハト胸出っ尻が不美人と考える人たちもいたけどね。

 豊尻手術は、皮下脂肪と臀筋との間にシリコンゼリーを入れた薄い袋を埋め込むんだけど、乳腺がカバーしてくれる豊胸手術と違って、ピンが刺さったり複雑な衝撃で壊れることも多いうえ、しょっちゅう動く部分だから同じ形を保つことが困難で、効果を長時間維持するのが難しく、流行は急激にしぼんでしまった。いまだにブラジルなんかでは、それなりに人気らしいけどね。現地の若い娘さんの夢はTバックをはいてサンバを踊ることだから、効果が一時的でもプリッとしたお尻になりたいという需要も多いんだろうと思うよ。

──おそらく、今の日本の女性たちも、それこそサンバを踊っている南米の女性のようなプリッとしたボリュームのあるお尻に憧れているのでしょうね。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス