芸能

西野亮廣 ネットと地上波で別人の顔を見せる理由は?

西野亮廣はネットと地上波で別人(イラスト/ヨシムラヒロム)

 お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣は最近、ネットではビジネスパーソンとしての一面が強調されつつある。その西野亮廣のネット番組『株式会社ニシノコンサル』(AbemaTV)について、イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、2000年代前半に放送されていたリアリティ番組『マネーの虎』や、地上波テレビ番組で見せる西野自身の姿と比べながら考えた。

 * * *
 先日、編集者Tとルノアールでお茶をした。死ぬほど甘い黒蜜ミルクを飲みつつ、取材原稿の話をする。それが一区切りすると、Tは「キングコングの西野亮廣ってどう思いますか?」と僕に尋ねてきた。良い感情は持っていないので言葉を濁していると、続けて「あの人、すごいっすよ!」と熱っぽく語り始める。

 現在、西野はビジネスの世界で一目置かれた存在だという。クラウドファンディングで個人としては国内歴代最高となる総額1億円を調達。月額1000円のオンラインサロンの会員数も1万人以上いるとか。Tももちろんオンラインサロン会員。押し付けられる熱量、場所柄とネットワークビジネスに勧誘されている人みたいだな、と自嘲。

 しかし、Tが最後に話した「苦手なのは分かる、けど新しい試みを確かにやっている」という西野評を聞き、少し興味が湧く。

 ここで西野がなぜ苦手なのか、と己と対峙してみた。答えはすぐに出る、要するに僕は怖いのだ。自分の知らない新しい価値観を持っている西野の思想に畏怖を感じている。だから、“苦手”と防衛線を張って遠ざける。これは僕だけなく西野を嫌う人の多くの人の本音だと思う。

 西野の話を3時間以上した別れ際、「AbemaTVの『株式会社ニシノコンサル』だけでもチェックしてください」とT。そこまで言うのなら!と見てみることにした。

『株式会社ニシノコンサル』とは、西野が司会を務めるコンサルティング・リアリティショーである。仕事の悩みを抱えた相談者に西野とSHOWROOM社長の前田裕二が答えていく。

 硬軟織り交ぜた相談者が来訪してくることが番組の特徴。“アイドルがライブ集客を増やしたい”といった芸能系、“黒糖焼酎の売り上げを伸ばしたい”といった商品設計まで、2人が対応する相談の幅は広い。一言で表せば、現金のかわりにアイデアを提供する『マネーの虎』。

 番組において西野以上の存在感を持つのが前田の存在だ。ホリエモンを筆頭にIT社長といえばギラつた人という思い込みがあった。なおかつ、石原さとみとの交際で話題を振りまく話題の人。イケイケな語り口を想像していたが、その予想は大きく裏切られた。

 前田のビジュアルは、川越達也シェフに似た色白の美男子である。また、語り口も川越シェフのように柔和。そういった意味ではギラつく西野とコンビバランスは良い。なおかつ、相談への対応も真逆で面白い。西野は言葉数多く熱心にアドバイス。たいして前田は静かに相談者の話を聞く。業界一のメモ魔で有名らしく、ノートになにかを書いていることも多い。そして、自身のなかで意見がまとまると冷静に打開策を示す。

 2人のアドバイスは全て具体的だ。自らが実行してきたアイデアをアレンジして相談者に提供する。#1に登場した集客に悩みを抱えるアイドルには、「ツイッターできたファンの投稿、全てに返信するアイドルになれば良い!」とアドバイス。

「僕ね、5年前にニューヨークで個展をしたんですよ。その際にクラウドファンディングしたんです」と西野。資金調達期間は2週間、そのなかで「キングコング西野」とツイッター検索をかけ、自分のことをつぶやいているアカウント全てに「クラウドファンディングのパトロンになってくれないか」とツイッター上で声をかけたという。その数はなんと800人。

 資金調達に成功し、個展の開催が決定したのち「ニューヨーク」にいる日本人をピックアップ。これまた全ての人に「個展に来てくれないか」と声をかけ集客。その数もなんと800人。つまり、西野はニューヨークでの個展を成功させるために約1ヶ月で1600人と対話したことになる。「地球上で最も1対1でコミュニケーションする人間になってやろうと思った」と語る。

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン