〈その桐朋学園時代、山口さんは、ゼミをもっていた、妻子ある安部公房氏と恋人関係になり、安部氏が1993年に亡くなるまで20年以上関係が続いた〉

 読書に関してだけ言っても、安部さんからは大きな影響を受けました。安部さんが勧める本は必ず読み、安部さんが評価しないものは文学賞を取ったものでも読みませんでした。身近にいたおかげで、作家がいかに身を削ってものを書くかもわかりました。

 その安部さんが、1973年に演劇集団「安部公房スタジオ」を立ち上げたとき、私を含めた俳優全員に読むよう求めたのが『攻撃 悪の自然誌』(みすず書房)という本。世界的な動物行動学者が動物の攻撃本能について解明したものです。当時、安部さんは、新劇の俳優がストーリーや情緒を伝える道具になってしまっていると批判し、もっと俳優の肉体や生理を重視すべきだと主張していました。この本以外にも生物にとって空間が持つ意味を解読した『かくれた次元』(エドワード・T・ホール)という本なども勧め、それらの本の内容を稽古に取り入れていました。従来と全く違うアプローチで芝居を作る期待感があり、みんなわくわくしていましたね。この本はその当時を思い出させてくれます。

 安部さんが亡くなった翌年から、被爆者の体験談の朗読劇『この子たちの夏』(現在は『夏の雲は忘れない』に改題)に出させていただき、今も続けているのですが、私は戦後生まれなので、戦争中や戦後直後のことを理解したくていろいろな本を読みました。そのなかで出合い、忘れられない本になったのが『敗北を抱きしめて』(岩波書店)です。戦後の復興期の日本を庶民の生活レベルで描いていて、当時の庶民のことを皮膚感覚として理解できます。著者が外国人(アメリカ人)ということで、右だ、左だの国内の政治的対立とは距離を置いているのもいいですね。憲法が変わるかもしれない岐路に立っている今、こうした本によって、憲法ができた当時のことを振り返ってみるべきだと思います。

関連記事

トピックス

WBCでは1番打者として活躍したヌートバー
《WBC優勝に貢献》ヌートバーの“愛されキャラ”に影響を与えた意外すぎる「日本の児童書」
NEWSポストセブン
宇野美彩子
AAA・宇野実彩子が語るミュージシャンとしての矜持「時代を楽しむことを邪魔するプライドはいらない」
NEWSポストセブン
橋本環奈
【夜のレア写真】橋本環奈「うなじが輝いている!」「可愛すぎる」通行人が驚く妖艶な着物姿、松嶋菜々子とドラマ初共演ロケ現場
NEWSポストセブン
ベンチで存在感をはなつ城石(時事通信フォト)
《WBCベンチで存在感》栗山監督の横にいるイケメン参謀コーチは「フリーターからプロ入り」異色経歴と元妻は人気女子アナ
NEWSポストセブン
決死の告白をした被害者の「メープル」さん(Netflix『全ては神のために:裏切られた信仰』予告編より)
韓国宗教団体・摂理の教祖、信者への性犯罪で何度も逮捕 数百人の日本人女性も被害に
週刊ポスト
お笑いについて語るニシダ
人気芸人ラランド・ニシダが吠えた「人を傷つけないお笑いなんてない」「表現規制を求める風潮こそ恐ろしい」
NEWSポストセブン
現地で配られていたチラシ
《壱岐市の高校生が遺体で発見》里親が50分にわたり告白「隼都くんの過去の家出」「台風の中、外で正座」の真相は
NEWSポストセブン
麻薬特例法違反の疑いで警視庁に逮捕された道端ジェシカ容疑者(Instagramより)
MDMAで逮捕の道端ジェシカ容疑者「カエルの毒でデトックス」「嘔吐シーン」の不可思議な近況
NEWSポストセブン
関取29人のリアルな素顔(左から貴景勝、霧馬山、豊昇龍/時事通信フォト)
【大相撲・注目力士名鑑】NHK中継ではわからない 関取29人のリアルな素顔
週刊ポスト
逮捕された道端ジェシカ容疑者
道端ジェシカ逮捕で心配される「道端三姉妹」“唯一無傷”の長女・カレンへの「風評被害」
NEWSポストセブン
テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【独占】テレ東退社の森香澄アナ 新たな所属先は「YouTuber事務所」
NEWSポストセブン
テレビ業界にも波紋を呼んだ婚外デートの山本は、今後、どうなる
バレー元日本代表・山本隆弘「ディズニー婚外デート報道」でフジMC番組出演危機 番組広報は「現時点では未定」と回答
NEWSポストセブン