• TOP
  • 芸能
  • 紅白出演・高槻かなこ「私を好きな人いない」の葛藤を越えて

芸能

2018.12.31 07:00  NEWSポストセブン

紅白出演・高槻かなこ「私を好きな人いない」の葛藤を越えて

自信がなかったという高槻かなこ

「第69回NHK紅白歌合戦」に出演する、テレビアニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』の声優9人組グループ・Aquors(アクア)。紅白を皮切りに年末年始の歌番組への出演が続々に決まり多忙な日々を送るっているメンバー。だが、グループの元気印“きんちゃん”こと高槻かなこ(25)の口からは意外な言葉が漏れた。

「私のことを好きな人はいないんじゃないか。そう思っていたんですよ」

 高槻かなこは苦笑いを浮かべながら、そう語った。取材現場には“そんなことないでしょ”とスタッフの笑い声が響いたが、彼女の目は真剣だった。

 今年は高槻にとって飛躍の年だった。

 Aqoursとして11月に東京ドーム公演を開催し、チケットは完売。全国の映画館でライブビューイングが行なわれ、2日間の観客動員数は15万人に上った。一流アーティストに匹敵する記録を、結成わずか3年目のグループが成し遂げる快挙。紅白という舞台が用意されたのも納得の結果だろう。

 高槻も紅白出場の知らせを聞いた瞬間、「人生で初めて嬉し泣きをしました!」と語るが、その一方で高槻には“私個人を応援してくれるファンはいるのか”という一抹の不安を持ち続けていた。

「ライブもイベントも周りにはいつも8人の仲間がいて、ずっと助けられてきたんです。私は声優として、お芝居の勉強もしっかりできていないため、自分の演技にまだ納得ができないことも多くて。だから、私個人のファンがいるって実感を得られない日々を送ってきていたんです」

 自問自答を繰り返す日々を送る高槻に転機が訪れた。12月19日に開催されたスニーカー&ファッションブランド『atmos pink』とのコラボアイテムの発売イベントである。同社はこれまでスポーツブランドとの限定商品を展開しているが、個人のアーティストとのコラボレーションは初の試みだった。

「最初に聞いたときは本当に驚きました。“私でいいんですか?”って(笑い)。大好きなファッションですし、制作には最初から携わりましたが、それでもやっぱり“私のファンはいるのかな”という思いがあったので、『(作る)枚数は50枚くらいでいいんじゃないの?』と言ったりもしました」

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス