• TOP
  • ライフ
  • 虫歯治療の古い常識 先進国で「銀歯」が主流なのは日本だけ

ライフ

2019.01.23 16:00  週刊ポスト

虫歯治療の古い常識 先進国で「銀歯」が主流なのは日本だけ

銀歯はもう古い?

「歯科治療」の世界には、急速な技術の進化がある。そのため、“かつての常識”が間違いだったと明らかになることが往々にしてある。その進化に追いついていない歯医者にかかると、症状が改善せず、むしろ歯の寿命を縮める可能性すらある。何が“最新常識”なのか。話題書『やってはいけない歯科治療』著者のジャーナリスト・岩澤倫彦氏がレポートする。

 * * *
 虫歯治療といえば「銀歯」。丈夫で長持ちし、比較的安価な金属だったので、治療費も安い。現在も1か月間で、約180万本の「銀歯」治療が行なわれている。しかし、先進国で「銀歯」が主流なのは日本だけだ。

「銀歯」は長期間経過すると、合着用セメントが溶け出して隙間が発生する。それが、虫歯の再発原因となっていた。

「銀歯」の素材は、金・銀・パラジウムなどの合金だが、パラジウムが、レアメタルとして国際的に高騰。現在では金と同等の価格になった。もう「銀歯」は決して安い金属ではないのだ。

 また、銀歯を装着するために、虫歯が小さくても健康な歯を大きく削る。それが、歯の寿命を縮める結果を招いていた。

 歯科先進国のスウェーデンでは、「コンポジット・レジン修復」が虫歯治療の基本だ(虫歯のサイズによる)。レジンは、歯の色に近いプラスチック系素材なので、治療部分が目立たない。固める前はペースト状なので、小さい虫歯でも余計に削る必要はない。

関連記事

トピックス