芸能

今も色褪せない『マネーの虎』の教え 動画で人気なのも道理

あなたの「推し虎」は?(イラスト/ヨシムラヒロム)

 虎は群れを作らず、繁殖期以外は単独で行動する。中国では百獣の王は虎で、日本でも強さの象徴だ。かつて、ビジネスの成功者たちを“虎”と呼んだ番組があった。2000年代前半に放送された『¥マネーの虎』(日本テレビ)の虎たちが、いま、YouTubeチャンネル『就活の虎CHANNEL』で、かつての裏話や本音トークを繰り広げている。放送中は番組や虎たちについてインターネット掲示板でさかんに実況され話題になったが、放送終了後十年以上が経った今でも、SNSで話題にする人が絶えない。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、かつてと現在のネット反響の違いについて考えた。

 * * *
 僕が最もテレビを観ていた2000年代前半。当時、素人を主人公としたドキュメンタリータッチのバラエティ番組が隆盛していた。なかでも『¥マネーの虎』はアクが強く、今でも記憶に残っている。

 主役は“虎”と呼ばれる大物社長、そして自ら出演を望んだ志願者である。“虎”に対して志願者は、投資して欲しい希望金額と事業内容を発表。質疑応答で“虎”は志願者の腹の底を伺う。最終的に“虎”が志願者もしくはプランを認め、希望金額を出資すれば“マネー成立”。志願者は“虎”から出資金を獲得できる。2001年~2004年という短い放送期間、記録より記憶に残る番組だった。出演する社長のキャラが濃いこと、濃いこと。修羅場をくぐり抜けた猛者揃い、顔からしてパンチが効いていた。

 なかでも、“推し虎”は塾経営の“虎”岩井良明社長。サンドウィッチマンの伊達みきおに似たチンピラフェイスを持つ、人情派のナイスガイ。出資する確率も高く、番組全盛期から末期を支えた“虎”でもある。

 そんな岩井社長、現在は塾経営を奥様に一任しているらしい。早い隠居生活ということではなく、自身は教育関係の広告代理店業を営む。事業拡大のため、2018年からは『就活の虎CHANNEL』なるYouTubeチャンネルも開設。企業と就活生を繋げるプラットフォームを目指し、日々動画を配信中。時代の機微に合わせ、”虎”はYouTuberへと姿を変えたのだ。

“虎”のYouTubeデビュー、実はこれが初めてではない。過去、3匹の“虎”が集まり動画を配信したこともあった。しかし、肝心の内容は情報商材を『¥マネーの虎』風に売るもので。当時の熱量を再現しようと試みていたが、志願者と“虎”のバトルがどうも芝居のように見えてしまう。トータルで残念な出来に仕上がっていた。

 たいして、岩井社長のチャンネルはどうか。全ての動画をチェックしたところ、上記とは異なるテイストに仕上がっていた。やっていることを端的に表せば『¥マネーの虎』の同窓会。主なコンテンツは出演していた“虎”や元志願者との思い出話だ。

「志願者の〇〇君の時はこうだったよねぇ……」とたった1回しか出演していない志願者についても語られる。岩井社長からは、口は出すが金は出さないことで視聴者の評判が悪かった“虎”、リサイクルショップチェーン「創庫生活館」の社長・堀之内九一郎、志願者に怒声をよく上げていた飲食の“虎”小林敬とはウマがあった。しかし、人格者として親しまれていた衣食住トータルプロデュースの“虎”貞廣一鑑が大嫌いだったなんて秘話も明かされる。語られる内容は、とことんマニアックだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

精力的に公務に向き合っている佳子さま(時事通信フォト)
佳子さま「お忍び愛報道」に、宮内庁関係者「警備は十分だったのか」と心配する声
NEWSポストセブン
あびるが“母”と慕った和田アキ子は何を思う
あびる優の第2子出産「絶対に知られてはいけない」極秘に進めたレギュラー番組欠席とインスタ工作
NEWSポストセブン
有村架純(プロフィール写真)
人気女優CMギャラリスト 『あまちゃん』出身・有村架純は8年前から4000万円増、のんは“算定不能”で分かれた明暗
NEWSポストセブン
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
(時事通信フォト)
安倍元首相の国葬に思うこと 60代女性記者が改めて考える「美しい国、日本」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン