• TOP
  • 芸能
  • 雑誌取材に神対応の嵐、いやな思いした記者はいないとの声も

芸能

2019.02.20 07:00  女性セブン

雑誌取材に神対応の嵐、いやな思いした記者はいないとの声も

取材者にも評判のいい嵐

 1月27日の記者会見で、2020年いっぱいで活動を休止することを発表した嵐。5人それぞれが、自分の言葉で自分の思いを語り、寂しさに耐えながらもますます嵐を好きになったファンも多い。

 全員がブレークした嵐5人とも多忙を極め、テレビ収録が終わった深夜から雑誌取材ということもあった。

 それでも文句ひとつ言わない彼らに、「嵐の取材で嫌な思いをしたスタッフは1人もいないのではないでしょうか」と、何度も取材を担当したテレビ誌記者は語る。

「数分しかない5人のクロストーク取材では、全員がすぐに意図を理解して、積極的に協力してくれました。コメントの片寄りもなくて、5人のバランス力が絶妙なんです。これは嵐にしかできないと、感動すら覚えました」

 本誌・女性セブン記者も嵐の「神対応」をこう語る。

「取材中に、どうしてもありがちな質問をしてしまうことがあるんです。櫻井さんに“ライバルはいますか?”と質問をした時、少し考えて、“キンプリの平野(紫耀)くん。どっちが本物の〈しょう〉か、決着をつけたい(笑い)”と予想外の答えが返ってきたんです。咄嗟の対応力がハンパないな、と驚くばかりでした」

 2011年3月の東日本大震災発生後には、「これぞ嵐」と呼ばれるチャリティーイベント『嵐のワクワク学校』が始まる。

「本来コンサートを予定していたけれど、電力不足に配慮して内容を変更したのが『ワクワク学校』。嵐のメンバーが先生となってさまざまな授業を行うのですが、東京ドームという大規模な会場で、歌も披露せずに満員の観客を満足させられるのは他のグループでは考えられません」(女性セブン記者)

 震災後の日本が求めた「絆」を体現し続け、2014年9月には、「はじまりの地」(デビューの会見をした)のハワイで、15周年コンサートを開催した。

 東京ドーム2個分の空き地に巨大な舞台装置を製作し、大掛かりな機材を船と空輸で運び、ラストは400発の花火という演出に、3万人の観客が熱狂した。

「このライブが嵐の1つの到達点」―全メディアがその快挙を報じていた頃、女性セブン(2014年10月9日号)のインタビューで大野はこう語っている。

《おれはおれ。デビューの時から何も変わってないんだよね。変わったのは周りだけ、それはメンバーも同じだと思う。メンバーとの関係もずっと変わらないと思う》

 確かに変わったのは嵐ではなく、時代なのかもしれない。明治大学法学部非常勤講師の関修さんはこう語る。

「平成の前半くらいまでは、芸能界で活躍する人は特殊な才能の持ち主でした。しかし、インターネットが普及し、SNSが活発になり、価値観が多様化した現在は、YouTuberやブロガーに象徴されるように、誰もが特別になれる時代へと変化した。タレントがより身近で親しまれる存在になったんです。そんななか、子供からお年寄りまで、幅広い世代が親しみを感じられる存在が嵐の5人だったのでしょう」

 アイドル評論家の中森明夫さんも「時代が嵐に追いついた」と考えている。

「昭和の時代は、山口百恵や松田聖子といったソロシンガーがアイドルでしたが、平成はグループアイドルの時代。自然災害やいじめ、虐待問題など、人間同士の絆が問われた平成に、人々は嵐の仲のよさにホッとして、心地よさを感じたのです。先日の活動休止会見でも、スーツで神妙な顔をしてくるのかと思いきや、カジュアルな服装で、にこやかに現れてくれた。20年間、完璧でした」

 かつてハワイで相葉が語ったとおり、頂上に立った5人。デビューしてからのこの20年間は、彼らの誠意が私たちに夢を見させてくれた7074日間でもある。

 活動休止に入るまでの残り約700日間は、私たちが感謝とカンゲキを嵐の5人に伝えていく時間なのかもしれない。

※女性セブン2019年2月28日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス