• TOP
  • ライフ
  • すみだ水族館のヤンキーペンギン夫婦 他のペンギンにオラつく

ライフ

2019.02.28 16:00  女性セブン

すみだ水族館のヤンキーペンギン夫婦 他のペンギンにオラつく

ポテチ&リンゴ夫妻

 東京・墨田区の『すみだ水族館』では、現在58羽のマゼランペンギンが暮らしている。そのうち、確認されているカップル数は19組。なんと約半数ものペンギンが愛を育み合っているという。

 夫婦になって卵を産むと、その絆はさらに深まり、次の繁殖期にもまた同じペアで子づくりをするというマゼランペンギン。離婚率がわずか3%前後といわれているのはこのためだ。

 でも、契りを交わす相手と出会うまでは、案外、自由な恋愛を謳歌させるといった面もあるんだそうで…。人間以上に劇的なペンギンのラブストーリーをご紹介します。

◆ヤンキー夫婦の熱血子育て

ポテチ♂&リンゴ♀夫婦の場合

【ポテチ】見た目は強面だが、心やさしく子煩悩。徹底したレディーファーストでリンゴのハートを射る。
【リンゴ】男勝りで負けん気が強いおてんば娘。ポテチと結ばれてからは乙女らしいキャラに変身。

 止まらないぜっ! Ha~Ha~♪ 思い込んだら命がけ! そんなヤンキー愛に満ち溢れているのがポテチとリンゴ。

「もともと一匹狼的なところのある2羽でしたが、短気で怒りっぽい&噛む力が強いという似た者同士のようなところがあったので、自然と魅かれ合っていったんじゃないかと思います」と、話してくれたのは飼育スタッフの福谷彩香さん(「」内以下同)。

 そもそも恋の始まりはポテチの一目ぼれから始まった。地方の水族館からやってきた少年ペンギンのポテチは好奇心旺盛でひとりで遊ぶのが大好きなちょっと変わったやんちゃな男の子。

 そんなポテチがいつものごとく、水中で宝探し(←実はみんなの食べ残しを漁っている)に精を出していると、気弱そうな男子ペンギンを後ろからグングンと物凄いスピードで追いぬく1羽の威勢のいいメスペンギンの姿が…。それが、おてんば娘・リンゴだった。

「リンゴはとても気が強い性格。どんなに自分より大きなオスにもけんかを売るほどでした」

 だが、「そんな気の強ぇえ~ところも、嫌いじゃないぜっ!」と、すっかりリンゴに夢中になったポテチは日夜、猛烈アタック。あんなに男勝りだったリンゴも、なんだか乙女らしい一面が開花しだした。そして、いつしかふたりの距離も縮まり交際がスタート。昨年4月にはついに第1子のそいやが誕生した。

「マゼランペンギンは夫婦交代で卵を温めるのですが、ポテチもしっかりと卵を温めてイクメンしていました。ただ、どうしてもヤンキー気質が抜けないというか(苦笑)。ほかのペンギンがちょっとでも自分たちの巣の前を通るだけでリンゴとふたりでオラオラと怒るんです」

 いつでも全力いっぱいの父・母のDNAを受け継いでか、生後10か月のそいやも、とにかく全力主義。

「ほかの赤ちゃんペンギンは静かにゴハンをもらいにくるのですが、そいやだけはずーっと“ぺえっ! ぺえっ!”と鳴きながらアピールしてくるんです。勢い余って飼育スタッフの指までがぶっと口にくわえちゃうなんてことも…」

 もしかしたら、将来、そいやも両親たちのようなヤンキーペンギンに育つんじゃないだろうか…。と、福谷さんは今から心配をしているんだそう。

写真協力/「すみだ水族館」

※女性セブン2019年3月14日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス