• TOP
  • スポーツ
  • 今江、梶谷、ソト、館山、寺原、石川雅規らは開幕どうなる?

スポーツ

2019.03.09 07:00  週刊ポスト

今江、梶谷、ソト、館山、寺原、石川雅規らは開幕どうなる?

元エースは復活できるか(ヤクルトの館山昌平。時事通信フォト)

 2019年プロ野球の開幕スタメンは誰になるのか──。期待の若手が奪取するのか、奮起したベテランが死守するのか。5つの球団に関して、ファン注目の的となっている激戦ポジションの行方についてまとめた。

■DeNA

 にわかに「ライト」が焦点になってきた。ラミレス監督は昨季の本塁打王・ソト(30)をセカンドに固定する方針を明言していたが、「送球が不安定でイップスがささやかれている。打撃にまで悪影響があるとチームにも大ダメージ。ライトに戻す可能性が出てきた」(担当記者)のである。ライト起用が濃厚とされた梶谷隆幸(30)は調整が遅れている。

■ヤクルト

 先発ローテは小川泰弘(28)、ブキャナン(29)、原樹理(25)が固く、残りは3枠。

「日ハムから入った高梨裕稔(27)らが有力だが、ベテラン勢が食い込めるか見物。39歳の石川雅規は他に左腕がいないので入るはず。元エース・館山昌平(37)の復活劇は見たいが、ソフトバンクで戦力外になった寺原隼人(35)のほうがまだ望みがありそう」(番記者)

■楽天

 大幅減俸で崖っぷちの今江年晶(35)はどうなるか。

「サード、ファーストを守るが、三塁には主砲ウィーラー(32)、和製大砲として開花しつつある内田靖人(23)がいて、一塁は主将になった銀次(31)がいる。調整も遅れ気味に見える」(球団関係者)と苦しい状況。

関連記事

トピックス