芸能

「前例のない大器」小川紗良とは?『まんぷく』で話題沸騰

多彩ぶりに注目が集まる(公式HPより)

 NHK連続テレビ小説『まんぷく』ではヒロイン・福子役の安藤サクラ演技が光っているが、もう1人注目を集める女優がいる。福子の娘・幸を演じる小川紗良(おがわ・さら、22歳)だ。テレビ解説者の木村隆志さんがその魅力に迫る。

 * * *
 残り十数話になり、大詰めの『まんぷく』。萬平(長谷川博己)を中心に、「まんぷくヌードル」の開発に取り組む裏側で、もう一人の主役となっているのが、ヒロイン・福子(安藤サクラ)と萬平の娘・幸(小川紗良)。

アメリカ人・レオナルド(ハリー杉山)に好意を寄せ、家の前でハグされてときめくなどの淡い恋模様で、母・福子や祖母・鈴(松坂慶子)のみならず視聴者をハラハラさせています。

 可憐な幸の姿を見た視聴者から、「あのかわいい子は誰?」という声が飛び交うなど、終了間際の3月から登場したにも関わらず、一躍注目の存在になった小川紗良さん。実は、このところ業界内で「前例のない大器」と注目を集める存在だったのです。

◆演技に加え、演出、文章の才能も

 小川さんは昨年、映画4作、ドラマ2作に出演しました。特に昨秋のドラマ『ブラックスキャンダル』(読売テレビ・日本テレビ系)では、1話でいきなり枕営業を強いられる清純派女優・小嶋夏恋を熱演。最後までヒロインに関わるキーパーソンを演じて、今回ほどではないものの「あのかわいい子は誰?」と話題になりました。

 年をまたいで迎えた朝ドラ『まんぷく』での演技も、軒並み高評価。福子、萬平、鈴、克子(松下奈緒)、忠彦(要潤)、タカ(岸井ゆきの)など、すでにおなじみのメンバーに途中参加するのは若手女優にとって難しいことですが、小川さんはすんなり溶け込み、外国人との恋愛も含め、違和感なく演じています。

 さらに小川さんは、今春スタートの『やすらぎの刻~道』(テレビ朝日系)と『向かいのバズる家族』(読売テレビ、日本テレビ系)にも出演予定であり、まさにブレイク寸前の状態なのです。

 しかし、それだけでは「若手有望株の女優」に過ぎず、「前例のない大器」とまでは言われません。小川さんが業界内で注目を集めているのは、「女優、映画監督、文筆家の“三刀流”女子大生だから」なのです。

 在学する早稲田大学で『万引き家族』などで知られる名匠・是枝裕和監督から学び、手がけた3作すべてがさまざまな映画祭で上映されるなど、映画監督としての将来も有望視されているのです。また、雑誌やウェブなど数多くのメディアに寄稿し、豪華執筆陣が名を連ねる『水道橋博士のメルマ旬報』で連載を持つなど、編集者たちから文章の才能も認められています。

 しばらくは「女優業を本格化させながら、タイミングを見計らって映画監督をし、コンスタントに文章も書いていく」という活動になるのでしょう。小川さん自身、「すべての活動がつながっている」と話しているように、異なる3者の視点を持つことが、それぞれの仕事にいい影響を与えるようです。

◆『あさが来た』吉岡里帆に似た気配

関連記事

トピックス

「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン