芸能

ピエール瀧 逮捕で「ピエール学園どうなる」と不安の声

移送されるピエール瀧容疑者(時事通信フォト)

「高橋由伸」「菅野智之」「山本浩二」「有吉弘行」「山崎まさよし」……野球関係者や、野球好きとして知られる有名人らのサインがズラリと並ぶ中で、ポッカリと不自然な穴が開いていた。それは、コカインを使用していたとして逮捕されたピエール瀧のサインが掲げられていた場所だった──。

 東京・世田谷にあるバッティングセンターは、その場所柄、多くの有名人が訪れる。関係者が語る。

「今回の逮捕を受けての対応のようです。4~5年ぐらい前に一人でいらして、サインにも快く応じてくれました。とても人当りのいい方だったので、今回のニュースを見てすごくショックでした」

 同バッティングセンターの副支配人は、「やはりあのような報道があったので、親子連れのお客様も多いですし、影響も考えて色紙を外したほうがいいという判断をしました」とコメントした。大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』や出演映画などの撮り直し・代役の必要性などが話題になっているが、芸能界以外にも「コカイン逮捕」の影響が広がっているのだ。

 ピエール瀧がライフワークとしている草野球への影響も懸念されている。芸能関係者が語る。

「高校まで野球部に所属し、阪神タイガースの入団テストを受けたこともある瀧さんは20年ほど前から『ピエール学園』という草野球チームを率いています。このネーミングは同い年のスター選手である清原和博や桑田真澄がいたPL学園と自分の芸名を引っかけたもの。現在はTOKYO大リーグという名のリーグ戦に名を連ね、芸人のマキタスポーツや他のアーティストのチームとしょっちゅう早朝野球をしています。

 毎年リーグの納会にも顔を出し、このリーグ戦の顔とも言える存在。『瀧さんがいなくなって、リーグ戦はどうなるんだろ……』と不安がる声があがっています。一方、『ドラマや映画の撮影で忙しいときも休まず早朝野球に参加し、やたら元気だったのはクスリのせいだったのか』『復帰しても清原をほうふつとさせるチーム名で大丈夫なのか』というネガティブな声もあるそうです」

関連記事

トピックス

歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
1986年11月の「リベンジ髪切りデスマッチ」
【クラッシュ・ギャルズvs極悪同盟】長与千種、ライオネス飛鳥、ダンプ松本、ブル中野…当事者たちが明かした“最凶の抗争”40年目の真実
週刊ポスト