芸能

小宮悦子「久米さんからダメ出しの嵐だった私が変わった夜」

伝説のキャスターが伝説の番組を振り返る

 有働由美子アナ、夏目三久アナ、小川彩佳アナと、女子アナが“報道番組の顔”を務めるケースが増えているが、その“原点”は誰かと訊かれれば、多くの人が彼女の名を挙げるだろう。1985年から1998年にかけて『ニュースステーション』(テレビ朝日)を久米宏氏とともに支えた小宮悦子さんは、その後の報道番組における「女性キャスター像」を作り上げたパイオニアである。そんな小宮さんが、ワイドショーのリポーターから報道キャスターになり、そして自身が変わった瞬間を語った。(聞き手/岸川真=作家)

 * * *
 去年の5月、ギャラクシー賞の授賞式で20年ぶりに久米宏さんと並んで司会を務めさせていただきました。

 久米さんの隣にいると互いがシンクロしていくというか、『ニュースステーション』の“呼吸”が甦ってくるんです。久米さんの声が変わらず若々しくて、間の取り方も、全てが懐かしかった。傍らにいて、私にとって久米さんは師であり、『ニュースステーション』は故郷なんだな、と実感したものです。

 共に駆け抜けた激動の10数年がまざまざと思い出されて、感慨深いものがありました。

 いまだからお話しできますが、私は報道番組のキャスターどころか、アナウンサーを目指してもいなかったんです。もともとは編集者やコピーライターに憧れていました。就活の合間の一日、友人がテレビ朝日を受けるから一緒に行ったんです。そこで何の間違いか採用されちゃって。

 1981年に入社して、アナウンサーがどういう仕事かも具体的に理解しないまま、3か月の研修に突入したわけです。サ行の発音が出来ずに注意されると「なんて屈辱!」って心で文句を言ったり(笑い)。

関連記事

トピックス

青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」と、陛下は沖縄の今後についても言及された(宮内庁提供)
沖縄本土復帰50周年 昭和、平成、令和と皇室で受け継がれる沖縄への祈り
女性セブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
4年近くにわたって“立法も質問主意書もゼロ”だった人たちは?(時事通信フォト)
4年間の活動で“立法も質問主意書もゼロ”国会議員たちの「言い分」
週刊ポスト
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン