• TOP
  • スポーツ
  • 小宮山悟氏が早大野球部監督就任、なぜ今「根性野球」なのか

スポーツ

2019.03.26 07:00  週刊ポスト

小宮山悟氏が早大野球部監督就任、なぜ今「根性野球」なのか

名投手が母校を率いる

「監督就任の依頼を受けたときは即決しました。ずっと監督をするならロッテかなと思っていたし、まさか早稲田からオファーがあるとは予想もしていなかったので、自分でいいのか……とは考えました。ただそれでも、断わる理由はありませんでしたから」

 今年1月、プロ野球現役時代に117勝をマークした“ミスターコントロール”こと小宮山悟(53)が、母校・早稲田大学野球部の監督に就任した。

 早大野球部といえば六大学野球を代表する名門だ。しかし、2015年秋季リーグを最後に優勝から遠ざかるなど、ここ数年は満足な成績を残せていない。

「歴史ある組織だからこそ、内部には元プロに指揮を任せることを躊躇する意見もあります。責任のない立場で野球を見ていられる評論家の仕事は楽しかった。でもそういう楽しさより、元プロの自分に対する『再建を託したい』という言葉を重く受け止め、引き受けることにしました」

 新指揮官はまずチームの体質改善、選手の意識改革から取り組んだ。就任間もない現在は、「どこまで踏み込んでよいものか」と選手との距離感を模索している段階だという。

コメント 3

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス