• TOP
  • 国内
  • 豪雨体験施設、梅雨から世界最大豪雨600mmまで体験可

国内

2019.04.06 16:00  女性セブン

豪雨体験施設、梅雨から世界最大豪雨600mmまで体験可

大雨が体験できる施設は連日子供たちで大賑わい(写真/アフロ)

 近年、大雨による災害が急増している。天気予報での雨量チェックが防災の第一歩となるが、1時間あたり30mmや50mmの雨といわれてもピンとこない。

 そこで記者がやってきたのが、「水のめぐみ館 アクア琵琶」。ここには、「雨たいけん室」があり、1時間あたり5mmから最大600mmまで、4段階の雨量を体験することができる。

 いつでも誰でも自由に入ることができるので、子供たちにも大人気だという。

 さっそく施設の入り口へ行くと、レインコート、長靴、雨傘が用意されていた。最後はずぶ濡れになってしまうのでフル装備がオススメだ。

 用意ができたところで中へ。ボタンを押すと雨が降り出す仕組みになっていて、まずは1時間あたり5mmの梅雨時の雨から。これは誰もが体験している雨量で、細かい水滴が透明のビニール傘の中からも見える。次に、大阪で2年に1度ぐらい降る35mmの強い雨。パラパラと傘をたたく雨音が聞こえる。

 次の187mmの雨は、長崎県長与町で記録された日本一の大雨だ。雨粒も大きくなり、実際に降っている雨なら風やコンクリートの地面にたたきつけられた雨で、足元がビチャビチャになってしまうのは間違いない。

 最後は600mmの世界最大の豪雨。雷や強風などの効果音もあり、迫力満点だ。雨というより上からバケツに入った水をかけられたような感覚で、小さな子供だったら傘を持っているのもやっとだろう。水は怖い。本気でそう思った。

【水のめぐみ館 アクア琵琶】
住所:滋賀県大津市黒津4-2-2
営業時間:9時30分~16時30分(入場は16時まで)
定休日:公式サイトで確認
料金:無料 予約不要

※女性セブン2019年4月18日号

関連記事

トピックス