• TOP
  • 国内
  • 前川喜平元次官が通った歌舞伎町の出会いバー、閉店していた

国内

2019.04.07 07:00  NEWSポストセブン

前川喜平元次官が通った歌舞伎町の出会いバー、閉店していた

 読売の報道直後、店には報道関係者が多数押し寄せ、大混雑。入店する際には店員から「メディアの人ではないですよね? 取材でしたらお断わりしておりますので」と念を押されるほどだった。
 
 それから約2年の今年3月19日、同店が閉店した。閉店の理由は客の減少からなのか。だが、元常連客はこう疑問を呈する。

「この店が入居していたビルは飲食店だけでなく、ほかにも“出会い”を謳う店舗が入っていて、人の出入りは絶えなかった。直後はメディア関係者しかいないような状態だったが、ひと段落すると客足は元に戻っていて、週末は客であふれていました」

 3月10日付の同店のツイッターでは「只今、メンテナンス中です」と書き込みがあり、19日には「いろいろ思案してみましたが、お店を継続するのが困難となりましてこの度、閉店する事となりました」と結んでいる。

「以前から警察にマークされていたと聞きます。東京五輪が控えていることもあり、路上での客引きの取り締まりだけでなく、店にも営業時間や防災など様々な理由で警察からの指導や注意が入るようになっている」(歌舞伎町関係者)

 店のあった場所に行ってみると看板や装飾は外されており、入り口の扉は閉まったままだった。
 
 騒動後の週刊ポスト(2017年8月18日号)では、副店長が「前川さん、ぜひまた来ていただきたい」とラブコールを送っていた。前川氏もネット番組の対談で「落ち着いたら行ってもいいかなと思っている。あそこのマスターが作るロコモコは結構美味かった」と語っていただけに、今回の閉店はさぞかし残念なのでは。

 前川氏の携帯を鳴らしたが、電源が入っていないとのアナウンスが流れるのみだった。数奇な歩みを辿った「出会いの場」が一つ消えたことに、同氏は何を思うのだろうか。

コメント 3

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス