芸能

渡辺えりと離婚、13才年下俳優が語ったその理由

13歳年下夫と離婚、最後の“引き金”となったのは

 23年連れ添った64才の妻と、13才年下夫が突然の離婚。夫が若い女性に走ったのでは、と勘ぐりたくなるが、この夫婦の場合は勝手が違った。数々の映画やドラマで名演技を見せる渡辺えり(64才)が、4月1日、同じ劇団に所属する夫の土屋良太(51才)と離婚したことを所属事務所のホームページで発表した。

「ホームページには《話し合いの末、このような結論に至りました》とあるだけで、理由については一切触れられていません。不可解なのはふたりが離婚したのは昨年8月で、土屋さんはすでに家を出て、劇団も離れています。なぜこのタイミングで発表したのかも謎です。役者仲間の中には“本当に円満離婚なのか”と首をかしげる人もいます」(劇団関係者)

 ふたりが結婚したのは1996年。渡辺が旗揚げした劇団内では御法度だった交際を人知れず進め、彼女がプロポーズをした結果だった。当時、渡辺は40代で土屋は20代だった。

「『いつ結婚するの』と渡辺さんに言われて覚悟を決めた土屋さんは、佐渡島の実家に電話をして結婚の報告をしたところ、母親に『愛人じゃダメなの?』と切り返されて、絶句したそうです。それでも、ふたりは一緒になることを選びました」(前出・劇団関係者)

 その後、芸能界でも珍しい格差夫婦、そして年上女房夫婦として知られたが、その関係はほどなく冷え切ってしまったようだ。

「えりさんは結婚当初から子供を望んでいて、それもあって結婚を急いだと言っていました。でも、忙しさもあってか、お子さんに恵まれることはありませんでした。しかも結婚後、えりさんの仕事が順調だったために夫婦格差は縮まるどころか広がる一方。せめて家のことを頑張ろうと、土屋さんは朝食の準備などは欠かさず行っていたそうですが、彼にとって悩みは尽きなかった」(渡辺の知人)

 追い打ちをかけるようにふたりの関係が悪化する出来事が連続する。

「5年ほど前ですが、不倫報道があったんです。渡辺さんが27才年下の俳優と不倫関係にあったという内容です。まあ、エネルギッシュで人望もある渡辺さんですし、さもありなんという話でしたが、土屋さんは自分より若い俳優に手を出したことに大きなショックを受け、笑い話では済まされなかったようです。1年ほど家を出ていた時期もありました」(別の劇団関係者)

 それでも離婚しなかったのは、ふたりを結びつけていたものが他にもあったからだ。

「愛犬です。えりさんがドラマで共演して一目惚れした子犬を譲り受け、子供代わりにかわいがっていた。しかし、その子は2年前に天寿を全うしました。ふたりの絆だった愛犬がいなくなったことで、結婚生活を持続する意味がなくなってしまったのだと思います。最終的には離婚の引き金になったのかな…」(前出・渡辺の知人)

 そしてついに、土屋は離婚を決意したという。情報番組で、渡辺が昨夏「夫に尽くしすぎた」と漏らしていたと明かされたが、果たして…。現在、ひとり暮らしをしている土屋に聞いた。

──離婚の理由は?

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
古手川祐子
《独占》事実上の“引退状態”にある古手川祐子、娘が語る“意外な今”「気力も体力も衰えてしまったみたいで…」
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン