• TOP
  • 国際情報
  • 少年が尿道に磁石ビーズ挿入し手術相次ぐ、70個の例も

国際情報

2019.04.24 07:00  NEWSポストセブン

少年が尿道に磁石ビーズ挿入し手術相次ぐ、70個の例も

宗教への取り締まりが厳しくなっている

少年に大惨事が…

 中国浙江省杭州市の11歳の少年が今年3月、自らの尿道に約70個も連なるマグネット(磁石)ビーズを挿入し、とれなくなってしまい、医師の除去手術を受けていた。また、湖北省でも同じケースが報告されているほか、黒竜江省ではスマートフォンの充電ケーブルを挿入した事例も報じられている。

 香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」によると、杭州市在住の11歳の少年が興味本位から約5ミリの磁石が70個分つながっているマグネットビーズを尿道に挿入したところ、磁石部分がそれぞれ磁気で引っ張り合い、猛烈な痛みに襲われた。

 自分でマグネットビーズを引き抜こうとしたものの、すっかりと中まで入っていた。そのため、引っ張ると痛みが激しく、両親に話して、浙江大学医学部の小児科病院に駆け込んだ。

 医師が患部をレントゲンでみてみると、マグネットビーズがしっかりと絡み合っており、全部を一気に取り除くことは難しいと判断。浅い部分にあるマグネット部分の皮膚を切開し、2個、3個と除去することから始め、徐々にマグネットを除去することに成功した。

 このようなケースは年に2~3ケース報告されており、今年1月にも湖北省武漢市の12歳の少年が自分の尿道に挿入した直径約7ミリの39個のマグネットビーズの除去手術を受けたという。昨年7月には河南省の18歳の少年が同じケースで手術を受けている。

 さらに、昨年6月には黒竜江省の13歳の少年が尿道に、約20cmもの長さのスマートフォンの充電ケーブルを挿入。ケーブルは膀胱にまで達しており、やはり病院に行き、手術は成功したものの、その後、回復するまで2週間の入院を余儀なくされたという。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス