• TOP
  • 芸能
  • 漁師役挑戦のEXILE TAKAHIRO、知らないおじさんと3時間釣り

芸能

2019.05.05 16:00  女性セブン

漁師役挑戦のEXILE TAKAHIRO、知らないおじさんと3時間釣り

TAKAHIRO 撮影/尾形正茂(SHERPA)

「役者としてターニングポイントとなった」という作品へ挑んだ思いを、時にユーモアを交えて語るあたりが、サービス精神旺盛なTAKAHIRO(34才)らしい。事故をきっかけに記憶を喪失した漁師・池田徹役で、役者として新境地を見せた映画・『僕に、会いたかった』(5月10日公開)。

 TAKAHIRO自身が「フィクションだけど、ドキュメントのような作品」と言うように、役柄の生き様をリアルに演じきっている。

 役作りのためにひげをたくわえた姿は、一見、TAKAHIROだとわからないほど。「男ウケはするんですけど、女性にはあんまりみたいで…」と笑い飛ばす中に、秘められた覚悟がにじむ。

「自分でも見たことがない顔だったので、いつも応援してくださっているファンのみなさんの期待を裏切る覚悟で別人格を演じられて楽しかったです」

 ひげはもちろん、漁師のイメージに合わせてヘアスタイルや体作りにもこだわったと言うが、「衣装合わせの時が、すごかった」と笑う。

「鉛筆みたいな細さのコテで髪をくるくるに巻かれて、行き過ぎた雰囲気になってしまって(笑い)。監督はいいって言ってくれたんですけど、自然ではなかったので、パーマをかけてきますと伝えました。

 実は、身体も鍛えていたんですけど、監督から『漁師さんは痩せマッチョが多いから、ちょっと大きすぎるな』と言われたので絞ったんです。そうしたら、本物の漁師さんはみんな体格が良くて、しかも小綺麗でしたし、やや監督に裏切られたなって(笑い)」

TAKAHIRO 撮影/尾形正茂(SHERPA)

 撮影は、島根県・隠岐島に約3週間滞在して行われた。

「コンビニも1つもないですし、商店も19時半には閉まる。でも全然、苦ではなかったですね。東京では何でもすぐに手に入る環境ですけど、逆に贅沢をさせてもらっているような気分でした。

 島の皆さんも優しくて、自分もそこに長く住んでいたかのような気持ちで演じられました。自分が本当にフラットに戻れる、第2の故郷のような場所になりましたね」

 雄大な海に囲まれた島では、ずっと釣りを楽しんでいたとか。

「よく釣れるんですよ(笑い)。ひげ面で長靴を履いて釣りをしていると、本当に正体がバレなくて。知らないおじさんといっしょに、2~3時間釣りをしたこともありました(笑い)」

 記憶を喪失した息子を支える、松坂慶子(66)演じる母親も印象的に描かれ、親子の絆について改めて問いかける。自身も親孝行について、考え直したと明かす。

「母は地元の長崎にいるんですけど、30才過ぎた今でも心配してくれるんです。そういう気持ちはちゃんと汲みたい。親孝行って、ただ会うだけでもいいし、食事を作ってもらうだけでもいいんじゃないかなと思います」

 役を通して得た経験は、音楽活動にも影響を与えた。

「例えば悲しいことがあっても明るくふるまったりすることがありますよね。今回の役ではそういう“引き算の芝居”が求められたんですけど、これはアーティスト活動にも生かせると思いました。悲しい曲を悲しく歌うだけではなくて、聴いてくださるかたに、その先をお任せするような表現をしていくことも大切だな…と。

 この映画では、今までぼくが見せたことがない、風貌や表情を見せているので、新たな女性ファンが増えたら嬉しい(笑い)。…と言うのは冗談で、ぼくのことを見るというよりも、ただ1つの素晴らしい作品を見たという感覚になっていただけたら成功です」

※女性セブン2019年5月9・16日号

関連記事

トピックス