• TOP
  • 芸能
  • 空き巣被害の高須院長 ツイッターで命を救われた?

芸能

2019.05.10 07:00  NEWSポストセブン

空き巣被害の高須院長 ツイッターで命を救われた?

空き巣被害について語る高須院長

空き巣被害について語る高須院長

 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長が世の中の様々な話題に、思いのままに提言をしていくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は空き巣被害についてと令和の展望についてお聞きしました。

 * * *
──改元にともなう10連休がありましたが、院長はその間にまさかの空き巣被害に遭われて…。

高須:まったく驚いたよ。しばらく家を空けていたら、その間にへそくりを全部取られてしまった。たまったもんじゃないよ。

──ツイッターでも報告されていましたが、5月4日の深夜2時に3人組の男がバールで玄関をこじ開けて侵入したそうですね。

高須:そうなんだよ。これもツイッターに写真をあげたけど、バールで玄関の鍵が破壊されていた。もちろん、セキュリティーは万全だったんだよ。防犯システムも導入していたし、侵入者を感知してから、警察が駆けつけるまで3分ほどだったというからね。それでも、盗まれてしまうんだから、なんというか完全にプロの手口だ。防犯システムがあるのを分かったうえで、チャレンジしたんだろう、こんなことを言ってはおかしいけど、感服だと思っちゃったね。

──報道によると時価総額3000万円以上の金塊7kgが盗まれたんですよね?

高須:そう。まあでも、金塊と同じ金庫に入っていた、母と妻の遺骨ダイヤモンドは無事だった。金塊よりも何よりもこっちが盗まれていないか心配だったもんでね。ちょっとホッとしてしまったよ。泥棒が良心を見せたのか、それとも価値がないと思ったのかは分からないが、ぼくにとっては不幸中の幸い。

──犯人は高須院長の行動を把握していて、留守だということを分かったうえで犯行に及んだのでしょうか?

関連記事

トピックス