• TOP
  • 国内
  • 「摂らない方がいい油」を断つ アトピーや花粉症の改善例も

国内

2019.05.19 16:00  女性セブン

「摂らない方がいい油」を断つ アトピーや花粉症の改善例も

摂るべき油、断つべき油は?(写真/アフロ)

 今、食用油に熱い視線が注がれている。食品専門紙の報道によると、昨年度の家庭用油の売り上げは前年度比約8%増の1400億円超えになったという。すっかり一般家庭でも定番となったオリーブオイルは前年度比15%以上と大きく増加して、初の売り上げ400億円台を突破したほか、えごま油、米油といった新タイプの油の売り上げも急増している。中でも人気が高いのはアマニ油で、同比60%も売り上げが増えたというから驚きだ。

 健康番組や雑誌では次々に新しい油が紹介され、スーパーでも、新商品を目にすることが増えたと感じる人は多いだろう。だが、一口に「油」といっても、その役割はさまざま。時には想像以上に健康を蝕んでいることがある。

『その病気、その疲労、「隠れ油」が原因です!』(三笠書房刊)の著者で植物油研究家の林裕之さんはこう話す。

「うちの娘は幼少時からアトピーだったのですが、成人後再発して、ひどく悪化してしまいました。そんな時、たまたま油とアトピーの関連性を指摘している本を読み、試しに家族で油を断つ生活を実行してみたのです。

 すると、3週間ほどでアトピーの症状が劇的に軽減しました。その上、初夏まで使い捨てカイロが欠かせないほどの重度の冷え症や便秘、生理痛までも改善して、私自身も、40年以上悩まされていた花粉症が、ほぼ薬いらずになりました」

 林さん一家は、家庭でも外食でも、サラダ油とマヨネーズの摂取を徹底して控えていたという。サラダ油とは精製された植物油のことで、紅花(サフラワー)、グレープシード、大豆、ひまわり、とうもろこし、綿実、ごま、菜種、米の9種を原材料とする油とJASによって指定されている。

 ぜひ実践してみたいと思った人もいるだろうが、実際にやってみるとなると“断油”には、かなりの困難を伴う。

 考えてみてほしい。毎日の食卓をはじめ、ファストフード、スーパーの総菜、菓子、インスタント麺―あらゆるものに大量の、それも多種多様の油が含まれているのだ。さらに、それらのものに含まれる油の中には、「食べない方がいい」と専門家が口をそろえる「悪い油」が使われていることも多い。

 だからといって、まったく油を摂らないと体は健康を保てなくなる。日本臨床栄養協会理事で名古屋経済大学准教授でもある早川麻理子さんはこう言う。

「“油”とは脂質のことであり、たんぱく質、炭水化物と並ぶ三大栄養素の1つ。人間の体にとって、絶対に不可欠なものです。体の中で自ら作り出すことができないため、食事で摂取しなければならない“必須脂肪酸”が含まれている油もあり、体の細胞膜や生理活性物質、ホルモンを生成するために必要です」

 厚生労働省が推奨する脂質の摂取量は、全体の摂取カロリーの25%。成人女性の平均的な1日のカロリーを約1800kcalとしたら、脂質は約50g。

 大さじ4杯程度だが、食品にも含まれているため、油として摂る場合は大さじ1~2杯が適量だ。油が不足すると、体内の水分が保持できず、肌がカサついたり、皮膚炎などを引き起こす。

 人体に必要なものであることは間違いないが、「“摂るべき油”と“摂らない方がいい油”がある」と早川さんはつけ足す。その見極めを誤らないことが重要だ。

関連記事

トピックス