• TOP
  • スポーツ
  • 安田記念 2強対決時は三連複とワイドに妙味

スポーツ

2019.06.01 16:00  週刊ポスト

安田記念 2強対決時は三連複とワイドに妙味

 そんなことで穴党の出番はないかもしれないが、こういうときこそ三連複だ。近年では、2009年ウオッカとディープスカイの新旧ダービー馬対決が1.8倍と3.7倍でワンツー決着だった。馬連は290円だったが、3着は10番人気で4100円ついている。三連複の払戻額が1万円以下だったのはこのときと昨年だけ。あとはすべて万馬券だ。2013年と2015年は1番人気と3番人気のワンツーで、馬連は3桁だったが、3着にはどちらも12番人気で、それぞれ18160円、40690円だった。

 もちろん1番人気1着固定の三連単のほうが払戻額は多いが、1本かぶりの1番人気が1着になったときは三連複との差はそれほど大きくない。1番人気が惜敗するリスクもあるし、1頭軸三連単マルチだと買い目が増えてしまう。ならば点数を抑え、三連複を厚めに買った方がコストパフォーマンスもいい。

 多少夢も持ちたいと考えるなら、今回は2強を含めた三連複5頭のボックスでどうだろう。残り3頭のうち穴っぽいところがくればそれなりの配当が期待できるし、2強のうち1頭が4着以下に沈めば、好配当が期待できる。なかなか考えにくいが、2頭とも沈むケースも全くないわけではない。100円ずつ10通り、1000円で十分楽しめる。

 三連単は「当てに行こう」と考えると買い目ばかりが増えていくので、ローリスク・ハイリターンだと受け止めるべきだ。資金的に余裕があるなら、当日のパドックや返し馬でビビビッと来た馬や、気になる穴馬を2着にして、1、3着をそれぞれ2強で固定した三連単も買ってみたらどうか。これだと2着に5頭選んでも10通り。オークスのカレンブーケドールのような馬を探し当てようじゃないか。

 ワイドも妙味たっぷり。馬連が290円だった2009年の一騎打ちの時、ワイドは1-3着で1300円、2-3着で1920円もついた。馬連が3桁配当だった2013年は3着がらみのワイドがともに3000円台、2015年は4000円台だ。醍醐味はいまひとつかもしれないが、リスクヘッジ以上の意味を持つ。

 人気薄で激走したのは「近走不振だがGⅠでの実績がある」馬。グランプリボスは3歳時にNHKマイルカップを勝ちながら2012年の4歳時は13番人気で、2014年の6歳時は16番人気2着で波乱の立役者となった。2014年の3着は10番人気のショウナンマイティで三連複は9万円を超えたが、彼女は前年の2着馬だった。2016年に8番人気で勝ったロゴタイプは、皐月賞を勝った後16戦未勝利だった。その後4戦未勝利だったからか、2017年の安田記念でも8番人気の評価だったが2着に粘っている。激走は繰り返すのかもしれない。

 そんなことで、昨年のこのレースを9番人気で勝って以降思うような結果が出ていないモズアスコットや、NHKマイルカップを勝った後掲示板に載っていないケイアイノーテックなどのオッズをにらみながら、パドックや返し馬を注視しようと思う。

 ただ、やはり注目はドバイ帰りの女傑が、働き盛りの牡馬を相手にどんな進化を見せてくれるのかにある。見るだけでも充分価値のあるレースになるはずだ。

●ひがしだ・かずみ/今年還暦。伝説の競馬雑誌「プーサン」などで数々のレポートを発表していた競馬歴40年、一口馬主歴30年、地方馬主歴20年のライター。

※週刊ポスト2019年6月7日号

関連記事

トピックス