• TOP
  • グラビア
  • 浅田美代子が10代写真集を回顧「ムチムチを気にしていた」

グラビア

2019.06.07 07:00  週刊ポスト

浅田美代子が10代写真集を回顧「ムチムチを気にしていた」

1975年に発売された『近代映画じゃんぼ 浅田美代子 第2集』写真集より

「うわぁ、若~い。懐かしい~」--浅田美代子(63)の19歳の姿を収めた写真集『近代映画じゃんぼ 浅田美代子第2集』が電子書籍として復刻、発売された。44年ぶりに目を通した浅田は声を弾ませた。

「当時はアイドルの水泳大会にも出なかったし、水着になったのはこの時くらい。レアなビキニ姿ですね。自分ではムチムチしているのを気にしていて、自宅公開のページで本棚に『やせる健康食』なんてあるのはそのせいです。持っているだけで全然読んでなかったけど(笑い)」

浅田美代子のレアなビキニ姿

19歳の姿を収めた

 写真集には映画『陽のあたる坂道』(1975年)の現場密着記事もあり、「この頃はまだ何もわからないでお芝居してたっけ」と若かりし日の出演作を振り返る。

 それから44年を経て、6月7日にはアイドル引退から復帰後初となる主演映画『エリカ38』が公開される。エリカは実年齢を20歳以上詐称し、言葉巧みに大金を搾取する業の深い女。浅田はタイ人俳優とのベッドシーンにも挑んだ。親交の深かった樹木希林が生前「美代ちゃんの代表作を」と、自ら企画した作品だ。

45年ぶりの主演映画『エリカ38』は6月7日公開

「アイドル時代や『釣りバカ日誌』のみち子役のふわーんとしたイメージを壊してやりたいという親心だったんでしょうね。希林さんはいつも“あんた大丈夫だから。久世(光彦)さんの『水曜劇場』で揉まれた経験に自信を持ちなさい”と励ましてくれたんです。新たな役柄の開拓は希林さんからのギフト。母娘としての共演も忘れられない時間となりました。感謝を胸に刻み、この作品を糧に恩返しをしていきたいです」

【プロフィール】あさだ・みよこ/1956年2月15日生まれ。東京都出身。街頭でスカウトされ、ドラマ『時間ですよ』(1973年、TBS系)の新人オーディションで選ばれ芸能界入り。デビュー曲となった劇中歌『赤い風船』で第15回日本レコード大賞新人賞を受賞し、一躍トップアイドルに。アイドル引退を経て復帰後は女優として活躍し、映画『釣りバカ日誌』シリーズなど出演作多数。樹木希林が浅田のために企画した主演映画『エリカ38』が6月7日より公開。

※週刊ポスト2019年6月14日号

関連記事

トピックス