ビジネス

専用切符で乗る行商列車 京成電鉄で生き残った理由

京成成田駅に掲示されていた行商専用車をアナウンスする看板

京成成田駅に掲示されていた行商専用車をアナウンスする看板

 行商列車を運行していたのは、京成だけではない。現在はJR東日本が所管する常磐線や我孫子支線・総武本線・成田線・房総線(現・内房線および外房線)でも行商列車が運行されていた。

 しかし、民間事業者の京成と、官でもある鉄道省(現・JR東日本)とでは行商人への対応の差は歴然としていた。昭和恐慌によって行商人が増えすぎたため、鉄道省は対策として1935年に行商人が乗車できる列車を指定。乗換駅も上野駅だけに限定した。また、上野駅から都心部へと向かう乗り換え時間も指定し、行商人たちは上野駅で約2時間の待機を強制される。

 行商人に対する規制は、時間だけではなかった。ほかにも「(持ち込む)容器は竹籠とすること」「(一人あたりの)荷物は60キログラム以内とすること」「行商人組合を組織すること」などの項目が設けられていた。

 戦後も、こうした規制は暗黙のルールとして存続した。そのため、常磐線をはじめとするJR各線では、昭和50年代から行商人が減少し始めた。現在でも常磐線や我孫子支線で行商人は残っているが、行商列車は早い段階で姿を消した。

 一方、京成は持ち込める荷物に制限はなかった。そうした理由もあり、京成沿線において行商人の減少は緩やかだった。京成で行商専用車が長らく生き残った理由は、こうした点も大きい。

 電車に乗って都心へと野菜を売り歩く行商人たちは、高齢化や農家の減少といった要因から時代とともに減少している。それでも一般乗客に混じって電車に乗り、時に見知らぬ乗客に手助けしてもらいながら、昔から付き合いのある個人宅や飲食店などのお得意先を目指す行商人たちはいる。

 京成が2013年に行商専用車を廃止した後も、列車に乗って東京で野菜を売り歩く行商は、細々と続けられていた。行商専用車がなくなって久しい今、行商人たちの扱いはどうなっているのだろうか?

「規定を超える荷物を車内に持ち込む場合、京成では手回り品切符を購入していただく必要があります。行商専用車廃止後も、行商組合員限定で定期手回り品切符を販売しております。もちろん、通常の乗車券も必要になります」(同)

 鉄道会社によって、行商人への扱いは異なる。そして、行商人のスタイルも地域や組合で大きく違っている。そうした違いは、これまでに明らかにされていなかった。行商や行商列車が歴史から消えようとしている中、その多くは謎に包まれたままだった。

 それでも、千葉県立中央博物館研究員の小林裕美さん、旅の文化研究所研究員の山本志乃さんをはじめとする郷土史家や民俗学者たちの手によって調査が進められ、その一端がようやく見えようとしている。

 京成の行商専用車がまだ現役で走っていた約15年前、私は京成沿線の組合に「行商列車を取材させてほしい」と繰り返し打診をした。京成沿線の行商人組合からは、「そっとしておいてほしい」との理由から、取材を拒否された。そして、今でも組合は取材NGを貫いている。

 現役の行商人も、過去に行商をしていた経験者も少なくなりつつある。行商を記録に残す、残された時間はわずかしかない。

 大正から昭和、そして平成まで、人の暮らしに欠かせない食糧供給を陰で支えた行商人と行商列車。その歴史は、ひっそりと消えようとしている。

関連記事

トピックス