• TOP
  • 芸能
  • ザ・スパイダースが「ビートルズの前座」を断った理由とは

芸能

2019.06.19 07:00  週刊ポスト

ザ・スパイダースが「ビートルズの前座」を断った理由とは

 ビートルズの前座の話も来たけど、断わりましたね。「ビートルズは客席で見るもんだ」って。色んな前座をやって懲りたってこともあったんですけどね。でもポール(マッカートニー)は、憧れのベーシストでした。

 ビートルズといえば、当時の仲間だったレーサーのサチオ(故・福澤幸雄)がスパイダースにとっての良きブレーンとして、ビートルズの曲を仕込んでくれたり、振り付けを手伝ったりしてくれました。残念ながら若くして事故死してしまいましたが……。ムッシュがスパイダース時代にソロアルバムを出していて、その中に彼を偲んだ『ソー・ロング・サチオ』って曲が入っていましたよ。

【ザ・スパイダース】1961年に結成され、田辺昭知、かまやつひろし、大野克夫、加藤充、井上孝之、堺正章、井上順の7人のラインナップとなる。自作自演バンドのハシリであり、GSの草分け的存在。GS界にミリタリー・ルックのファッションを定着させたのも彼らである。代表曲は『フリフリ』『夕陽が泣いている』『あの時君は若かった』など。

※週刊ポスト2019年6月28日号

関連記事

トピックス