• TOP
  • 国内
  • Twitterプレゼント企画詐欺が多発 そのアカウントの見分け方

国内

2019.06.29 07:00  NEWSポストセブン

Twitterプレゼント企画詐欺が多発 そのアカウントの見分け方

◆プレゼントツイートのみのアカウントに注意

 詐欺アカウントの特徴は次のようなものだ。まずIDが、「present」「pre」「get」など、プレゼント専用になっていたり、または「cFAIh8kd s7zF8kdRq」「8qoVbuUtMeYMe」のような意味のない文字列となっていること。アカウント名も、「◯◯プレゼント企画」などとなっているのが特徴だ。

 見分ける最大のポイントは、そのアカウントが通常の投稿をしているかどうかという点だ。サイトやアプリ、雑誌などのアカウントのフォロワーを増やすため、あるいは認知度を高めるためなどにプレゼント企画を行っている場合は、問題ないと考えていいだろう。既に述べた通り、Twitterの応募企画はフォロワー増や宣伝のために行われるものなので、宣伝するものがない場合はそもそも怪しんだ方がいいのだ。

 一方、詐欺ツイートの特徴は、条件として「フォローとリツイートで参加、当選者にはDMで連絡」となっているところが多い。「フォロー&リツイートと簡単な作業」としているアカウントもある。この「簡単な作業」が曲者で、指定のサイトに登録するようすすめられ、迷惑メールが急増する原因となる。

「NIKEプレゼント企画(公式)」など、「公式」とうたっているアカウントも少なくない。しかし、何の公式なのかもうたわれていないとか、公式サイトなどにリンクもされていない場合、明らかに疑わしいことがわかる。

 ジャニーズグッズや、ディズニーグッズプレゼント専用アカウントもある。あるディズニーグッズプレゼント専用アカウントは、プレゼント企画以外に、ディズニーファンと思われるユーザーのツイートをリツイートしていた。ディズニーファンに応募させることが狙いだろう。

 たとえプレゼント企画が架空のものだったとしても、要求されるサイトへの登録が面倒なだけで、何か実害があるのかと思うかもしれない。しかし、すすめられるまま情報商材サイトなどに登録するとメールアドレスが流出するのか、迷惑メールや詐欺メールが急増する。「あなたのパスワードはハッキングされています。48時間以内に振り込んでください」などという詐欺メールは、慣れていれば放置すればすむが、うっかり連絡をとって詐欺の泥沼に引きずり込まれることもある。なにより、数日おきにそんなメールを受け取ること自体が、かなりのストレスだ。

 さらに、誘導された先のサイトで言われるがまま電話番号を登録すると、その番号が流出してLINEをのっとられることもある。その先に待ち受けているトラブルについては、説明するまでもないだろう。

 Twitterでフォロー・リツイートするだけで高額商品がもらえるといううまい話はそうそう落ちていない。そもそもTwitterではプレゼント当選詐欺が多発していることを知り、本物と詐欺の違いと見分け方を知っておくと安心だ。

関連記事

トピックス