ライフ

嫌悪していたランニング、作家・松久淳氏がガチでハマるまで

松久淳氏が『走る奴なんて馬鹿だと思ってた』を語る

【著者に訊け】松久淳氏/『走る奴なんて馬鹿だと思ってた』/1300円+税/山と渓谷社

 10代から運動と名の付くものは悉く(ことごとく)拒否する〈完全文化系夜型生活〉を続け、169cm52kgの〈ガリガリ虚弱体質〉をキープ。ところが40歳で禁煙した途端、体重は68kgに増え、自称・中級作家、松久淳氏(50)はあれほど嫌悪したスポーツ、それもマラソンに、齢45にして魅入られていく──。

 そんな遅ればせながらのランライフを綴った『走る奴なんて馬鹿だと思ってた』は、かの『Tarzan』の人気連載発の一冊。〈マラソンは人生だなんて言わないよ絶対〉というby槇原敬之的宣言で始まる26章はしかし、マッチョな精神論や文学的箴言とも一切無縁に展開し、当初は50mも走れなかった作家が5km、10km、20kmと順調に距離を伸ばし、やがて〈依存症〉と呼べるほどハマっていく姿をユーモアと自虐たっぷりに描く。つまり「馬鹿だと思ってた」は、あくまでも過去形?

 2014年の『中級作家入門』を始め、得意の芸風は自虐。かと思えば本格的な恋愛小説や映画評も多数手がける著者の仕事は、愛に始まり、愛に終わる印象がある。

「憧れの女子のスカートを気になるからめくっちゃう“中坊”的にこじらせた感情が、今思えば走る人に対してもあった気がします。ただキャンタマ見えそうな短パンを履いた本気感満載のオッサンや、東京マラソンを完走した直後にプロポーズする人を見ると『ああはなりたくない』って今でも思うし、ランより、それに付随する物語が嫌だったのかな、と。

 それとあれだけ嫌ったものに今更ハマる気恥ずかしさもあった。例えば僕、今は他人が煙草を吸うのも嫌なんですよ。昔は『酒と煙草と女で1つ選ぶなら、オレは断然煙草!』とまで言ってたくせに、人間、変われば変われるもんです(笑い)」

関連キーワード

関連記事

トピックス

ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
上島竜兵さんと竜兵会の面々
劇団ひとり 上島竜兵さんへの追悼ボケと『浅草キッド』に見る「お笑い師弟愛」の美学
NEWSポストセブン
“不仲説”について達川光男氏が答える(時事通信フォト)
達川光男氏が『サンモニ』関口宏との“不仲説”に弁明「娘にも心配されました」
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
阪神次期監督候補に落合博満氏?(時事通信フォト)
「犬猿の仲」のはずが? 落合博満氏が星野仙一氏を「仙さん」と語ったことが話題に
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン